2008年06月28日

着物トレーダーを卒業せよ陳満咲杜の為替の真実


内容紹介
「着物トレーダー」とは、元々アメリカの雑誌が日本人の 奥様投資家を表す際に用いた言葉である。 それが今では特殊な売買(よくない意味で)をする日本人の 傾向を揶揄するのに使われるようになった。 相場の勝者になるためには、相場の本質を正しい アプローチ手法で捉えなければならない!! 「FXを始めたけど勝てない!」サブプライム問題で、 大きな損失をこうむった人も少なくないはず。 一年以上前から現在の「円高」を予告してきた異色の「ガイジン」 アナリストが語る「具体的な成功法」とは? 相場で生き残るための「プロの戦略」が満載。

出版社からのコメント
サブプライムローン問題が発覚する大分前から、弊社としては、何とかFX関連の単行本を発売したいと考えていました。
なぜなら、FXへの参入者は日ごとに増えているにも関わらず、一般に流通しているFX関連の書籍は、どれも初心者向けの「誰でも」「ラクして儲けられる」というものばかりだったからです。
私たちは、それらとは一線を画す書籍づくりをしたかったのです。

相場の世界で勝ち続けるためには、それなりの努力や勉強が必要なはずなのです。

そんな中、あるきっかけでアナリストの陳氏と出会いました。

中国出身の陳氏は、異色の外国人アナリストとして業界でも一目おかれる存在で、当時多くの人々が「円安論」に傾倒する中、頑なにテクニカルによる「為替の真実」を追究し続けていた、数少ないプロのひとりでした。

この陳氏との出会いによって、ようやく弊社の抱いていた野望が形になることになったのです。

結果として、陳氏に執筆をお願いしたことによって、はじめに弊社が思い描いていた以上の作品に仕上がりました。

それは陳氏が、日本個人投資家に対して私たちが抱いていた以上の危機感を、既に持っていたからに他なりません。

残念ながら本書は、安易な気持ちで「FX」をはじめようとしている方にとっては、適切な本ではないと思います。

「本当に相場で勝ちたい」「プロのストラテジーを勉強したい」という方のためだけに、本書は制作したのです。

上記の気持ちをお持ちの方であれば、本書は、これからはじめる方であろうと、経験者の方であろうと、必ず役に立てていただけると信じています。

本書で、あらゆる相場で生き残れる「本物トレーダー」になるためのメソッドを、知っていただければ幸いです。

FXで年収1000万円を手に入れる究極の解答


ラベル:FX
posted by ゴリ太郎 at 01:13| Comment(0) | TrackBack(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。