2008年07月13日

世界一愚かなお金持ち、日本人


内容紹介
日本のサラリーマンの半数以上が将来に不安を抱え、せっせと貯蓄に励んでいる。
しかし、世界一高い識字率を誇る教育大国の日本人が、世界一低い金利には疑問を感じず、
文句ひとつ言わずに銀行にお金を預ける姿は、海外から見ると、実に不思議というほかない。
著者は日本人女性として高校から渡米し、華僑富豪やユダヤ人、アメリカ人富裕層に「本物のお金儲けの方法」を学びながら、コーラ1本も買えないような貧乏生活から、
不動産投資により20代で1億円の資産を築き、100の不動産を持つに至った国際派ミリオネア。
日本、アメリカ、中国という、今や世界経済の中枢を担う三大経済圏の影響をもろに受けるようになる時代を、いかに生きぬくか。
資産運用の基本セオリーから実践的な投資方法の選び方、良いビジネスパートナーを見定める方法まで、
実際の経験に裏づけられた「本物のお金持ち哲学」が、今明らかになる。


著者について
マダム・ホー(グレース・ホー)

100の不動産を持つアメリカ在住の投資家。
神戸のインターナショナルスクールを経て16歳で私費留学生として単身渡米。名門私立校南カリフォルニア大学(USC)及びUCLA両大学院修了。
インドネシア出身の華僑、ダニエル・ホーと結婚後、20代で最初の1億をつくる。
20代から医学・金融専門の一流同時通訳として、常に世界のVIPや成功者と接し、年間10万マイル以上国際線に乗る生活をしている。
ロサンジェルス、ハワイ、香港、ジャカルタ、パリでの海外在住経験によるグローバルなお金哲学と投資経験を持つ一方で、
日本の茶道(裏千家準教授)から中国の論語、人相学、風水学もたしなむ真の国際派ミリオネア。
上昇志向がある若者を支援するNPO設立と、亡くなった母の名前でのホスピス建設を志し、日本で著述・セミナー活動を展開している。
posted by ゴリ太郎 at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 不動産投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/102729017

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。