2008年07月16日

ETF投資入門 上場投信・徹底活用ガイド


内容紹介
ETF(イーティーエフ)は、これまでの投資信託とは一線を画し、株とまったく同じように、買いたいときに買えて、売りたいときに売れる。長期保有はもちろん、デイトレードなどの短期売買にも使えるのが魅力だ。信用取引を使えば、買い(ロング)はもちろん、カラ売り(ショート)にも対応。品揃えも、日経平均・業種別・外国株・金・債券と実に幅広い。しかも、10万円程度の資金で気軽に投資できて、手数料も安い。
すでに欧米では、個人投資家だけでなく機関投資家からも圧倒的な支持を集めているETFが、ようやく日本でも本格的に売買できるようになった。本書は、国際金融の実務を熟知し、個人投資家としての経験も豊富な著者が、ETFをフル活用して資産を積み上げるためのノウハウをわかりやすく解説する。

内容(「MARC」データベースより)
ETF(上場投信)の進化を後押しした金融市場の発展や、具体的な投資方法などを解説する。ETF取引の入門書。資産運用を成功に結びつけるための投資心理学も説明。

『投資信託解体新書』
ラベル:長期投資
posted by ゴリ太郎 at 01:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資信託 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。