2008年07月17日

10万円から始める投資信託入門―初心者のための買い方・売り方ガイド


商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)
買いどき、売りどきのポイントがわかる!株式投信の基本から話題の毎月分配型外債ファンドまで、上手な活用法と資産運用の考え方をプロがやさしく伝授。初心者からベテラン投資家まで役立つ情報満載。

内容(「MARC」データベースより)
投資信託を知り尽くしたプロが、株式投信の基本から話題の毎月分配型外債ファンドまで、上手な活用法と資産運用の考え方をやさしく伝授。初心者からベテラン投資家まで役立つ情報満載。買いどき・売りどきのポイントがわかる!

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
稲葉 精三
1938年兵庫県生まれ。1961年関西学院大学商学部卒。同年、野村証券投資信託販売会社(現・三菱証券)入社。1970年野村証券投資信託委託会社(現・野村アセットマネジメント)に移籍。1987年神栄石野証券入社。初代投資信託部長、研修部長などを歴任。1995年神栄石野リサーチ社長に就任。現在、オフィス・アイ代表。NPOエイプロシス(投資と学習を普及・推進する会)証券カウンセラー。投資信託アナリスト、ファイナンシャルプランナー。FP学会会員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

『投資信託解体新書』
posted by ゴリ太郎 at 02:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資信託 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/103031813

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。