2008年07月30日

わたし、かわいいお金を海外投資でふやしました。―銀座ホステスの華麗なる資産形成術

海外ファンドウィークリーレポート

出版社/著者からの内容紹介
銀座ホステスの寿命は、40歳。寿退社かママになることがホステスの花道ですが、なかなか思い通りにはいきません。著者・浅川夏樹は、財産を残したひとが非常に少ないという銀座クラブの現実を知り、自分の将来に対して、前向きに取り組もうとします。
本書は、難しいと思われがちな「海外投資」を、銀座ホステスというひとりの女性の視点からわかりやすく解説しています。また、本を読んだり、銀座クラブのお客さまから学んだりした、彼女なりの投資哲学、専門家との付き合い方など伝授します。将来への不安は、みな同じ。やみくもに不安になる前に、ぜひ、本書を手にとってみてください。「できることはいろいろある!」と気づくでしょう。

内容(「BOOK」データベースより)
花のいのちは短くて―。華やかに見えても、退職金も労災もないホステスという仕事。安心できる将来を手に入れるために知識ゼロから始めた投資方法とは?元本500万円が10年間で2000万円に。

内容(「MARC」データベースより)
花のいのちは短くて…。華やかに見えても、退職金も労災もないホステスという仕事。安心できる将来を手に入れるために、知識ゼロから始めた投資方法とは? 元本500万円を10年間で2000万円にした著者が体験を綴る。

出版社からのコメント
年金、退職金、労災もない銀座ホステスという仕事。安心できる将来を手に入れるためにファイナンシャル・フリーをめざす著者が効率的に稼ぐ為に不労所得を得る方法、投資先として不動産投資と金融投資の検討、利回りのいい海外の金融商品の基礎知識と実践方法を女性の視点から解りやすく説明していきます。本書は海外投資の魅力とリスクを著者の体験や投資哲学をもとに伝授しています。そして、資産家の思考と行動を研究し、新しい発想や情報をもたらしてくれるブレーンの大切さも書かれています。将来への不安はみな同じです。やみくもに不安になる前に出来ることは沢山ありますし、海外投資に興味のある方には参考になるはずです。

著者について
上場企業のOLを経て、現在は法人代表の肩書きを持つ現役の銀座クラブホステス。好きな言葉は、「我も楽しく、人も楽しく」。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
浅川 夏樹
上場企業OLを経て、現在は法人代表の肩書を持つ現役の銀座クラブホステス(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
posted by ゴリ太郎 at 18:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/103878501

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。