2008年08月07日

FX投資は裏ワザで9割勝てる!ツイン・チャージ投資法―主要7通貨の勝率90%!


渋谷高雄のトップトレーダー育成プログラム

内容(「MARC」データベースより)
株式投資にはない、自由なレバレッジ設定と24時間取引で人気のFX。その特徴を最大限に利用した、投資期間1カ月程度の実践的な投資手法を、過去の戦績をパフォーマンス表やチャート表で具体的に検証しながら紹介する
posted by ゴリ太郎 at 05:17| Comment(0) | TrackBack(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

FX投資は裏ワザで9割勝てる!ツイン・チャージ投資法―主要7通貨の勝率90%!


渋谷高雄のトップトレーダー育成プログラム

内容(「MARC」データベースより)
株式投資にはない、自由なレバレッジ設定と24時間取引で人気のFX。その特徴を最大限に利用した、投資期間1カ月程度の実践的な投資手法を、過去の戦績をパフォーマンス表やチャート表で具体的に検証しながら紹介する
posted by ゴリ太郎 at 05:16| Comment(0) | TrackBack(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

FX投資は裏ワザで9割勝てる!ツイン・チャージ投資法―主要7通貨の勝率90%!


渋谷高雄のトップトレーダー育成プログラム

内容(「MARC」データベースより)
株式投資にはない、自由なレバレッジ設定と24時間取引で人気のFX。その特徴を最大限に利用した、投資期間1カ月程度の実践的な投資手法を、過去の戦績をパフォーマンス表やチャート表で具体的に検証しながら紹介する
posted by ゴリ太郎 at 05:15| Comment(0) | TrackBack(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月06日

サブプライム後の新資産運用―10年後に幸せになる新金融リテラシーの実践

「FX完全攻略!トレーダーズ・クラブ!」

内容紹介
●サブプライム問題を予測したFPの「世界恐慌に勝つ投資戦略」とは?

本書の著者である中原圭介氏は
2005年9月に出版した著作『仕手株でしっかり儲ける投資術』(日本実業出版社)
の中で、すでにサブプライム問題を予測していました。

■以下は、その抜粋です■

日経平均が2003年5月初旬に
バブル崩壊後の安値7609円を付けてから、
これまでの相場は堅調に推移しており
個人投資家でも多少の投資技術を持っていれば、
この2、3年で資産を数倍にすることは十分に可能でした。
しかし、世界的な株高が続くのは長くてもあと2年と見ています。
世界経済はアメリカの住宅バブルによる過剰消費によって支えられています。
バブルはそう遠くない将来に弾けます。
また、原油高も一段と進み
早晩80ドルは超えてくると予測しています。
その結果、世界経済は減速し
世界的な金余りで株式市場に流れていた投資資金は
他の金融商品に怒涛のごとく逃避するでしょう。

■抜粋終わり■
もちろん、サブプライム問題を予測できた人は
ほかにも多くいるのは事実です。
しかし、中原氏の一貫した投資戦略と相場観が
相場に左右されないものであることが証明されたのです!

本書では、その中原氏が今後の世界動向を予測。
その上で資産を防衛し、しかも着実に増やしていくために
あなたが今、何をするべきなのか?
具体的に解説します。

●投資環境が変わった!今までのセオリーは、もう通用しない!

中原氏は、相場に左右されない投資法を実践しているので、
サブプライム問題による影響をほとんど受けませんでした。

サブプライム問題の表面化をきっかけに
世界恐慌になる可能性は十分にあります。

さらに、少子高齢化、増税、低賃金、原油・食料価格の高騰など
国家破産の危機を迎える日本で
あなたは今、何をするべきなのでしょうか?

1つ言えるのは、サブプライム問題をきっかけに
世界的に投資環境が大きく変わってしまったということです。

今まで常識とされていたセオリーは、もはや通用しないのです。
●運用はプロに任せるな!

例えば、金融工学。
この10年間で見ても金融工学が役に立たないのは明らかですが
金融工学を否定すると、金融機関で売られている金融商品の大半が
売る理由付けを失ってしまいかねません。
そうした状況で、運用をプロに任せるのは危険です。
例えば…

■国際分散投資
■長期資産運用
■投資信託(ETF除く)
■FX
などは、実は全て危険です。
その理由についても、本書で解説します。

●今後の世界経済が読める!何をするべきかが分かる!
本書ではリスクのコントロールからトレンドの掴み方まで
資産運用の基本を丁寧に解説。
その上で、誰にでもできるシンプルな投資法を提唱していきます。
今後、安心して資産運用をしたい方は
ぜひご一読下さい。
「FX完全攻略!トレーダーズ・クラブ!」
著者について
ファイナンシャルプランナー(兼エコノミスト)。金融コンサルティング会社「アセットベストパートナーズ株式会社」のディレクターとして活動。顧客の資産運用コンサルティングを行う傍ら、執筆・セミナーなどで投資家教育の普及に努めている。
ファイナンシャルプランナー(兼エコノミスト)としての信念は、「机上の空論ではなく、本当に役立つ知識と手法を提供する」こと。銀行や証券会社の資産運用コンサルティングでは満足できない日本全国の人たちの駆け込み寺になりたいという志を持っている。金融コンサルティングにおいては、いつでも気兼ねなく、安心して相談してもらえる、プライベートバンク型のサービスを目指している。

主な著書に、『株式市場「強者」の論理』(ナツメ社)、『株の勝ち方はすべて外国人投資家が教えてくれる』『仕手株でしっかり儲ける投資術』(ともに日本実業出版社)、などがある。その内容の普遍性、予測の正確性には定評があり、ファンも多い。なお、『株の勝ち方はすべて外国人投資家が教えてくれる』は海外でも翻訳出版され、高い評価を受けている。
posted by ゴリ太郎 at 17:57| Comment(0) | TrackBack(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サブプライム後の新資産運用―10年後に幸せになる新金融リテラシーの実践

「FX完全攻略!トレーダーズ・クラブ!」

内容紹介
●サブプライム問題を予測したFPの「世界恐慌に勝つ投資戦略」とは?

本書の著者である中原圭介氏は
2005年9月に出版した著作『仕手株でしっかり儲ける投資術』(日本実業出版社)
の中で、すでにサブプライム問題を予測していました。

■以下は、その抜粋です■

日経平均が2003年5月初旬に
バブル崩壊後の安値7609円を付けてから、
これまでの相場は堅調に推移しており
個人投資家でも多少の投資技術を持っていれば、
この2、3年で資産を数倍にすることは十分に可能でした。
しかし、世界的な株高が続くのは長くてもあと2年と見ています。
世界経済はアメリカの住宅バブルによる過剰消費によって支えられています。
バブルはそう遠くない将来に弾けます。
また、原油高も一段と進み
早晩80ドルは超えてくると予測しています。
その結果、世界経済は減速し
世界的な金余りで株式市場に流れていた投資資金は
他の金融商品に怒涛のごとく逃避するでしょう。

■抜粋終わり■
もちろん、サブプライム問題を予測できた人は
ほかにも多くいるのは事実です。
しかし、中原氏の一貫した投資戦略と相場観が
相場に左右されないものであることが証明されたのです!

本書では、その中原氏が今後の世界動向を予測。
その上で資産を防衛し、しかも着実に増やしていくために
あなたが今、何をするべきなのか?
具体的に解説します。

●投資環境が変わった!今までのセオリーは、もう通用しない!

中原氏は、相場に左右されない投資法を実践しているので、
サブプライム問題による影響をほとんど受けませんでした。

サブプライム問題の表面化をきっかけに
世界恐慌になる可能性は十分にあります。

さらに、少子高齢化、増税、低賃金、原油・食料価格の高騰など
国家破産の危機を迎える日本で
あなたは今、何をするべきなのでしょうか?

1つ言えるのは、サブプライム問題をきっかけに
世界的に投資環境が大きく変わってしまったということです。

今まで常識とされていたセオリーは、もはや通用しないのです。
●運用はプロに任せるな!

例えば、金融工学。
この10年間で見ても金融工学が役に立たないのは明らかですが
金融工学を否定すると、金融機関で売られている金融商品の大半が
売る理由付けを失ってしまいかねません。
そうした状況で、運用をプロに任せるのは危険です。
例えば…

■国際分散投資
■長期資産運用
■投資信託(ETF除く)
■FX
などは、実は全て危険です。
その理由についても、本書で解説します。

●今後の世界経済が読める!何をするべきかが分かる!
本書ではリスクのコントロールからトレンドの掴み方まで
資産運用の基本を丁寧に解説。
その上で、誰にでもできるシンプルな投資法を提唱していきます。
今後、安心して資産運用をしたい方は
ぜひご一読下さい。
「FX完全攻略!トレーダーズ・クラブ!」
著者について
ファイナンシャルプランナー(兼エコノミスト)。金融コンサルティング会社「アセットベストパートナーズ株式会社」のディレクターとして活動。顧客の資産運用コンサルティングを行う傍ら、執筆・セミナーなどで投資家教育の普及に努めている。
ファイナンシャルプランナー(兼エコノミスト)としての信念は、「机上の空論ではなく、本当に役立つ知識と手法を提供する」こと。銀行や証券会社の資産運用コンサルティングでは満足できない日本全国の人たちの駆け込み寺になりたいという志を持っている。金融コンサルティングにおいては、いつでも気兼ねなく、安心して相談してもらえる、プライベートバンク型のサービスを目指している。

主な著書に、『株式市場「強者」の論理』(ナツメ社)、『株の勝ち方はすべて外国人投資家が教えてくれる』『仕手株でしっかり儲ける投資術』(ともに日本実業出版社)、などがある。その内容の普遍性、予測の正確性には定評があり、ファンも多い。なお、『株の勝ち方はすべて外国人投資家が教えてくれる』は海外でも翻訳出版され、高い評価を受けている。
posted by ゴリ太郎 at 17:56| Comment(0) | TrackBack(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サブプライム後の新資産運用―10年後に幸せになる新金融リテラシーの実践

「FX完全攻略!トレーダーズ・クラブ!」

内容紹介
●サブプライム問題を予測したFPの「世界恐慌に勝つ投資戦略」とは?

本書の著者である中原圭介氏は
2005年9月に出版した著作『仕手株でしっかり儲ける投資術』(日本実業出版社)
の中で、すでにサブプライム問題を予測していました。

■以下は、その抜粋です■

日経平均が2003年5月初旬に
バブル崩壊後の安値7609円を付けてから、
これまでの相場は堅調に推移しており
個人投資家でも多少の投資技術を持っていれば、
この2、3年で資産を数倍にすることは十分に可能でした。
しかし、世界的な株高が続くのは長くてもあと2年と見ています。
世界経済はアメリカの住宅バブルによる過剰消費によって支えられています。
バブルはそう遠くない将来に弾けます。
また、原油高も一段と進み
早晩80ドルは超えてくると予測しています。
その結果、世界経済は減速し
世界的な金余りで株式市場に流れていた投資資金は
他の金融商品に怒涛のごとく逃避するでしょう。

■抜粋終わり■
もちろん、サブプライム問題を予測できた人は
ほかにも多くいるのは事実です。
しかし、中原氏の一貫した投資戦略と相場観が
相場に左右されないものであることが証明されたのです!

本書では、その中原氏が今後の世界動向を予測。
その上で資産を防衛し、しかも着実に増やしていくために
あなたが今、何をするべきなのか?
具体的に解説します。

●投資環境が変わった!今までのセオリーは、もう通用しない!

中原氏は、相場に左右されない投資法を実践しているので、
サブプライム問題による影響をほとんど受けませんでした。

サブプライム問題の表面化をきっかけに
世界恐慌になる可能性は十分にあります。

さらに、少子高齢化、増税、低賃金、原油・食料価格の高騰など
国家破産の危機を迎える日本で
あなたは今、何をするべきなのでしょうか?

1つ言えるのは、サブプライム問題をきっかけに
世界的に投資環境が大きく変わってしまったということです。

今まで常識とされていたセオリーは、もはや通用しないのです。
●運用はプロに任せるな!

例えば、金融工学。
この10年間で見ても金融工学が役に立たないのは明らかですが
金融工学を否定すると、金融機関で売られている金融商品の大半が
売る理由付けを失ってしまいかねません。
そうした状況で、運用をプロに任せるのは危険です。
例えば…

■国際分散投資
■長期資産運用
■投資信託(ETF除く)
■FX
などは、実は全て危険です。
その理由についても、本書で解説します。

●今後の世界経済が読める!何をするべきかが分かる!
本書ではリスクのコントロールからトレンドの掴み方まで
資産運用の基本を丁寧に解説。
その上で、誰にでもできるシンプルな投資法を提唱していきます。
今後、安心して資産運用をしたい方は
ぜひご一読下さい。

著者について
ファイナンシャルプランナー(兼エコノミスト)。金融コンサルティング会社「アセットベストパートナーズ株式会社」のディレクターとして活動。顧客の資産運用コンサルティングを行う傍ら、執筆・セミナーなどで投資家教育の普及に努めている。
ファイナンシャルプランナー(兼エコノミスト)としての信念は、「机上の空論ではなく、本当に役立つ知識と手法を提供する」こと。銀行や証券会社の資産運用コンサルティングでは満足できない日本全国の人たちの駆け込み寺になりたいという志を持っている。金融コンサルティングにおいては、いつでも気兼ねなく、安心して相談してもらえる、プライベートバンク型のサービスを目指している。

主な著書に、『株式市場「強者」の論理』(ナツメ社)、『株の勝ち方はすべて外国人投資家が教えてくれる』『仕手株でしっかり儲ける投資術』(ともに日本実業出版社)、などがある。その内容の普遍性、予測の正確性には定評があり、ファンも多い。なお、『株の勝ち方はすべて外国人投資家が教えてくれる』は海外でも翻訳出版され、高い評価を受けている。
posted by ゴリ太郎 at 06:44| Comment(0) | TrackBack(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サブプライム後の新資産運用―10年後に幸せになる新金融リテラシーの実践

「FX完全攻略!トレーダーズ・クラブ!」

内容紹介
●サブプライム問題を予測したFPの「世界恐慌に勝つ投資戦略」とは?

本書の著者である中原圭介氏は
2005年9月に出版した著作『仕手株でしっかり儲ける投資術』(日本実業出版社)
の中で、すでにサブプライム問題を予測していました。

■以下は、その抜粋です■

日経平均が2003年5月初旬に
バブル崩壊後の安値7609円を付けてから、
これまでの相場は堅調に推移しており
個人投資家でも多少の投資技術を持っていれば、
この2、3年で資産を数倍にすることは十分に可能でした。
しかし、世界的な株高が続くのは長くてもあと2年と見ています。
世界経済はアメリカの住宅バブルによる過剰消費によって支えられています。
バブルはそう遠くない将来に弾けます。
また、原油高も一段と進み
早晩80ドルは超えてくると予測しています。
その結果、世界経済は減速し
世界的な金余りで株式市場に流れていた投資資金は
他の金融商品に怒涛のごとく逃避するでしょう。

■抜粋終わり■
もちろん、サブプライム問題を予測できた人は
ほかにも多くいるのは事実です。
しかし、中原氏の一貫した投資戦略と相場観が
相場に左右されないものであることが証明されたのです!

本書では、その中原氏が今後の世界動向を予測。
その上で資産を防衛し、しかも着実に増やしていくために
あなたが今、何をするべきなのか?
具体的に解説します。

●投資環境が変わった!今までのセオリーは、もう通用しない!

中原氏は、相場に左右されない投資法を実践しているので、
サブプライム問題による影響をほとんど受けませんでした。

サブプライム問題の表面化をきっかけに
世界恐慌になる可能性は十分にあります。

さらに、少子高齢化、増税、低賃金、原油・食料価格の高騰など
国家破産の危機を迎える日本で
あなたは今、何をするべきなのでしょうか?

1つ言えるのは、サブプライム問題をきっかけに
世界的に投資環境が大きく変わってしまったということです。

今まで常識とされていたセオリーは、もはや通用しないのです。
●運用はプロに任せるな!

例えば、金融工学。
この10年間で見ても金融工学が役に立たないのは明らかですが
金融工学を否定すると、金融機関で売られている金融商品の大半が
売る理由付けを失ってしまいかねません。
そうした状況で、運用をプロに任せるのは危険です。
例えば…

■国際分散投資
■長期資産運用
■投資信託(ETF除く)
■FX
などは、実は全て危険です。
その理由についても、本書で解説します。

●今後の世界経済が読める!何をするべきかが分かる!
本書ではリスクのコントロールからトレンドの掴み方まで
資産運用の基本を丁寧に解説。
その上で、誰にでもできるシンプルな投資法を提唱していきます。
今後、安心して資産運用をしたい方は
ぜひご一読下さい。

著者について
ファイナンシャルプランナー(兼エコノミスト)。金融コンサルティング会社「アセットベストパートナーズ株式会社」のディレクターとして活動。顧客の資産運用コンサルティングを行う傍ら、執筆・セミナーなどで投資家教育の普及に努めている。
ファイナンシャルプランナー(兼エコノミスト)としての信念は、「机上の空論ではなく、本当に役立つ知識と手法を提供する」こと。銀行や証券会社の資産運用コンサルティングでは満足できない日本全国の人たちの駆け込み寺になりたいという志を持っている。金融コンサルティングにおいては、いつでも気兼ねなく、安心して相談してもらえる、プライベートバンク型のサービスを目指している。

主な著書に、『株式市場「強者」の論理』(ナツメ社)、『株の勝ち方はすべて外国人投資家が教えてくれる』『仕手株でしっかり儲ける投資術』(ともに日本実業出版社)、などがある。その内容の普遍性、予測の正確性には定評があり、ファンも多い。なお、『株の勝ち方はすべて外国人投資家が教えてくれる』は海外でも翻訳出版され、高い評価を受けている。
posted by ゴリ太郎 at 01:45| Comment(0) | TrackBack(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月05日

田平雅哉のFX「スイングトレード」テクニック (WINNER’S METHOD SERIES)


FXで年収1000万円を手に入れる究極の解答

内容紹介
☆FX投資ノウハウ書でナンバーワンの支持を受けるドクター田平の第二弾!
『ドクター田平の外貨で3000万円儲ける法』で、FX(外国為替保証金取引)がもつ投資商品としての有利さ、カンタンさを独自の投資ノウハウとともにわかりやすく説いて、圧倒的な支持を受けている田平雅哉氏の単行本・第二弾 がついに登場しました。
☆より具体的に、より詳しく、「ホントに儲かる」売買技術と考え方を解説
そのままでも「ホントに儲かる」と評判の投資ノウハウですが、今回は「勝つための投資行動」という観点からより体系的に詳説。MACDとスローストキャスティクスを用いる独自の売買技術についても、実戦に即して「応用」するためのポイントを指南します。
☆外貨預金より確実に有利! FX投資ブームはこれからますます本番へ
1万ドルにつき1万円という銀行の外貨預金の手数料は、1ドル360円時代のまま。FXなら同500円から1000円程度の手数料で外貨の売買ができ、しかも信用力のある大手証券、大手商社が続々サービス提供に参入し始めていますから、勝負の行方は明らかです。
すでに一部の都銀が期間限定で外貨預金の為替手数料を大幅値下げせざるを得なくなるなど、FX投資はより巨大なマーケットになりつつあります。裾野が広がれば「使える」投資ノウハウ書のニーズが高まるのも当然。本書はその嚆矢となる骨太の一冊です。

内容(「BOOK」データベースより)
合理的なロジックで「外貨投資」を徹底攻略。「ホントに儲かる」と圧倒的な支持を受けた、ドクター田平のスーパーノウハウ待望の実践編。
posted by ゴリ太郎 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

FXシステムトレード 年率200%儲ける投資術


FXで年収1000万円を手に入れる究極の解答

出版社/著者からの内容紹介
☆FX(外国為替保証金取引)でスマートに儲けるやり方を伝授
FX投資が活況を呈しています。しかし、米国の経済指標などのニュースに振り回され、3日で30万円儲けたと思ったら、次の3日で30万円損した…など、売った買ったのドタバタを繰り返して、結局はあまり儲けることができていない人も多いようです。

本書はそうした投資家に向けて、FX投資でスマートに収益を上げる方法(システムトレード)を紹介します。これは、過去の値動きの統計的確率からみて収益が上がる売買ルールを考え、そのとおりのトレードを繰り返すことによって収益を上げようというものです。

本書では、そうしたシステムトレードについて、基本的な考え方、売買ルールをどうやってつくるのか、年間を通して運用していくにはどういう注意点があるのかなどのポイントを、エクセルの画面なども用いながらやさしく解説します。

☆専業の個人投資家が実践する具体的なノウハウが満載

著者の池田氏のシステムトレードは、トレードモデルを30ぐらい並走させ、絶えず評価しながら5つぐらいに絞って運用していくというもの。ここ数年は、年初に口座の資金が500万円だったものが、年末に1200万円程度(年率240%)といった運用を続けています。

○○億円儲けた!という類の派手さはありませんが、著者本人が専業トレーダーとして生計を立てている実績に加え、システムトレードの性質上、同じ投資手法はサラリーマンでも手がけることは容易であることから、初~中級者にとって非常に参考になる内容です。

内容(「BOOK」データベースより)
外国為替投資で実現するスマート&スピーディーな「経済的自立」のすすめ。
posted by ゴリ太郎 at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

勝ち残りのFX ’08


FXで年収1000万円を手に入れる究極の解答

内容紹介
☆いまや口座数100万ともいわれるほど、一般に普及してきたFX(外国為替保証金取引)ですが、ここにきて為替相場は一時1ドル=100円を割る円高となるなど、波乱の状況となってきています。

☆そうした昨今の相場状況のなか、「どうやったら勝てるのか」に直結した相場情報や具体的な投資テクニックについて知りたいというニーズはますます高まってきています。

☆本ムックでは、今後の相場展望やむずかしい相場状況でも儲けている個人投資家たちの具体的な投資テクニック(考え方と実施ノウハウ)をやさしく教え、勝ち残る個人投資家になるための道案内をします。
posted by ゴリ太郎 at 08:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

かんたんFX投資実戦マニュアル (実用百科)


FXで年収1000万円を手に入れる究極の解答

内容紹介
いま、少ない元手で多額の外貨を売買できる「外国為替証拠金取引(FX)」が人気!

為替差益でハイリターンを狙うのか、はたまたスワップ金利で安心投資を目指すのか、投資スタイルはあなた次第。投資の心構えから、相場の見方、通貨の特徴、スワップ金利を使った有効な投資法、為替の動きを先読むテクニカルなど、各スペシャリストが教える負けないFX投資入門。あなたのFXセンスを試す「FXセンス養成ドリル」付き。
posted by ゴリ太郎 at 02:56| Comment(0) | TrackBack(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月04日

知識ゼロからの外貨投資入門


FXで年収1000万円を手に入れる究極の解答

出版社/著者からの内容紹介
今、個人投資家の間で注目されている外国為替証拠金<FX
>取引。「株よりカンタン!」「リスク管理をしっかりやれば、安定したリター
ンが得られる!」と評判の資産運用方法だが、新しい投資商品だけに何から始め
ればよいのかわからない人も多いはず。
本書は元銀行マンで「普通の人トレーダー」を自称する著者が書いた、外貨<FX
>投資の入門書。
基本となる為替のしくみから、なぜサラリーマンに外貨<FX>投資がむいている
のか、さらには実際の注文方法まで、著者の失敗談も交えながらキホンのキにこ
だわって徹底解説している。加えて為替の値動きを的確に読む方法から、予測
が外れても利益確保ができるテクニックまで、すでに始めている人が読んでも
参考になる実践的な内容も盛り込んでいる。
これから資産運用を始めたいと思っている人、株式以外の投資を考えている
人、堅実に資産を増やしたいと思っている人にうってつけの一冊。
文庫書き下ろし。


内容(「BOOK」データベースより)
個人投資家の間で注目されている外国為替証拠金“FX”取引。「株より簡単で儲かる!」と話題の資産運用法だが、何から始めればよいのかわからない人も多いはず。本書は元銀行マンで「普通の人トレーダー」を自称する著者が書いた“FX”投資の入門書。為替のしくみから投資先通貨の選び方、注文の出し方までキホンのキにこだわって徹底解説した。負けないテクニック満載の一冊。
posted by ゴリ太郎 at 18:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月06日

魔術師に学ぶFXトレード―プロ化する外国為替市場への普遍的テクニック (現代の錬金術師シリーズ 63)


内容紹介

個人トレーダーならではの優位性!


敵を知り己を知る
新時代の売買戦略


英才教育を受けたスーパートレーダー集団
タートルズ
1年で1万ドルを100万ドルにしたカリスマ
ラリー・ウィリアムズ
著名ヘッジファンドマネジャーたちの名軍師
トム・デマーク


など「マーケットの魔術師」たちの売買理論を
世界中の洗練されたプレイヤーたちが参加する
FX市場で活用する!


今、外国為替市場は大きな変化のなかにある。かってより外国為替市場は米国債券市場と並んで「金融工学の実験場」であった。
しかし、今では間違いなく外国為替市場が最大にして最高の市場である。日々、新手の仕組み債やデリバティブ(金融派生商品)が開発され、世界中で広く利用されていく。
つまり、こうした金融商品が為替変動の「抑圧」や「爆発」に、より大きく影響する時代になったわけだ。


また、為替市場の参加者構成も多様化している。新興国企業や政府系ファンドが存在感を増し、
さらには「自動売買ロボット」を駆使してミリ秒単位の裁定取引をする金融機関、
市場参加者のエッジ(優位性)を分析してそれを逆手に取ろうとするヘッジファンドや機関投資家まで登場しているのである。


こうした「新時代の外国為替市場」を舞台にFX(外国為替証拠金取引)トレードをする個人トレーダーは、どのように対処すればよいのだろうか。


まずは「敵を知る」ことであろう。本書では、どのような市場参加者がいるか紹介されている。
彼らの欲していることを把握できれば、心の準備ができるし、どのような対処をすればよいか考えるきっかけとなるはずだ。


そして「己を知る」ことであろう。本書では、ベテランFXトレーダーである著者が、トレンドフォローや短期ブレイクアウトなどの売買戦術で大きな成功を遂げている「魔術師」たちの運用手法をどのように解釈し、研究したか紹介している。
このように自分自身に合った戦術をいくつか開発していき、戦術の効果を高める方法(つまり資金管理方法)を決定したうえで「相手に自分の戦術を知られないような戦略を組む」わけだ。


個人トレーダーには、状況の変化に臨機応変に行動できるという、職業トレーダーにはないエッジがある。
そのエッジを最大限に生かせるよう、本書から「新時代のFXトレード戦略」を組むときの考え方を学んでほしい。




著者について

中原駿(なかはら・しゅん)
相場歴20年を超えるベテラントレーダー。
祖父はソニー、母はパイオニアで財をなした投機家の家に育つ。
海外のトレード事情に詳しく、特にラリー・ウィリアムズ、トム・デマークの手法に精通し、為替、先物、債券、株式市場で、その概念を利用して結果を残している。
パンレポートで「短期トレーディング手法」を連載中。
監修書に『相場心理を読み解く出来高分析入門』(パンローリング)がある。

FXで資産10倍計画【FXパーフェクトマニュアル】
posted by ゴリ太郎 at 12:22| Comment(0) | TrackBack(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月05日

FXメタトレーダー入門―最先端システムトレードソフト使いこなし術 [現代の錬金術師シリーズ56] (現代の錬金術師シリーズ 56)


内容紹介

無料なのにリアルタイムのテクニカル分析からデモ売買、指標作成、売買検証、自動売買、口座管理までできる!
うわさの高性能オールインワンFXソフトを徹底紹介!!■ようこそメタトレーダーの世界へ!
高機能ソフトが切り開く新時代のシステムFXトレード!!


世界を舞台に24時間トレードが可能な「外国為替証拠金取引(通称FX)」。
一般誌にも大きく取り上げられるほど、今一番“ホット”な市場だ。


しかし、初心者はもちろん、株や先物に熟練したトレーダーであっても、実際にFXに挑戦する前に、入念な準備が求められる。
24時間市場ならではの売買感覚をつかむ必要があるし、自分の得意技が本当に通用するのか継続的に検証する必要があるのだ。


そのためには少なくとも、模擬売買のできるデモ口座や検証のできる価格データがほしい。
また独自のテクニカル指標をプログラムして表示し、しかも売買システムの構築・検証や自動売買ができれば理想的である。


そうした欲求を満たし、海外のアクティブなFXトレーダーの間で爆発的な人気を呼んでいるのが、
本書で紹介するオンラインFX売買ソフト「メタトレーダー」なのだ!


メタトレーダーは、FXトレードそして売買プログラミングを真剣に勉強しようというトレーダーたちに最高級の可能性を提供している。
そして本書の目的は、そうした人たちを支援することにある。


パンローリングの本書紹介サイトからは、本文中でサンプルとして紹介したプログラムのダウンロードも可能だ。
まずは本書を参考にしながら、同ソフトをダウンロードして、実際に動かしてみよう。
そして、メタトレーダーの世界を体感してほしい。


■メタトレーダーの大きな魅力
・無料である
・日本語版(一部)がある
・リアルタイムのレートを表示できる
・高機能なチャートソフト
・独自のテクニカル指標をプログラムできる
・発注機能がついている
・デモ口座で経験を積むことができる
・売買ルールをプログラムできる
・売買システムの検証ができる
・自動売買を実行できる


著者について


豊嶋久道(とよしま・ひさみち)
1965年山口県生まれ。1988年慶應義塾大学理工学部電気工学科卒業。
1993年慶應義塾大学大学院博士課程修了。
博士(工学)の学位を取得し、神奈川大学工学部に専任講師として着任。現在同大学教授。
2003年よりFX取引を始め、最近では通貨オプション取引も含めたFXトレーディングシステムの研究を行っている。

FXで資産10倍計画【FXパーフェクトマニュアル】

タグ:FX
posted by ゴリ太郎 at 22:12| Comment(0) | TrackBack(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

FXチャート「儲け」の方程式


内容紹介
FXと株式とでは、チャートの見方はかなり違う!

経済アナリスト、FXストラテジストとして活躍し、自身もFXトレードで高い勝率を誇る田嶋智太郎氏が、究極の分かりやすさを追求して記したFXチャートの解説書。
25日・75日移動平均線や、RSIやストキャスティクスばかり使っている投資家、そして、株価チャートの解説本で勉強したFXトレーダーは必見!
もちろん、かんたん明瞭な内容だから、初心者でも明日からすぐに使える。

FXチャートの見方・読み方が手に取るように分かり、でっかく儲かる「勝利の方程式」が満載!
FXトレーダー待望のバイブル、遂に登場!

著者について
アルフィナンツ代表取締役。1964年東京都生まれ。
1988年慶応義塾大学卒業後、現三菱UFJ証券勤務を経て、経済アナリストに転身。
現場体験と綿密な取材活動をもとに、金融・経済全般から戦略的な企業経営、個人の資産形成まで、幅広い範囲を分析&研究。

数多くの新聞・雑誌などに連載・執筆するかたわら、新聞社や自治体、中小企業経営者団体、民間企業などが主催する講演会、セミナーで全国を年間150カ所あまりを講演して歩く、新進気鋭(神出鬼没?)のアナリスト。
ときに辛口で、ときにユーモアを交えた軽快な講演は「難しい経済を明快に斬る」ことで定評がある。

また、自身が実践するFXトレードでは、群を抜いた勝率の高さを誇り、マネーパートナーズでは『外貨投資 転ばぬ先の智慧』や、東京IPOでは『一歩先行くFX』のウェブサイトなどでFXコラムを連載しており、投資家から高い人気と評価を得ている。


FXで資産10倍計画【FXパーフェクトマニュアル】

posted by ゴリ太郎 at 01:08| Comment(0) | TrackBack(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月03日

私のFXバイブル



著者からの内容紹介
一時104円台まで進んだ円高を昨年夏段階で予想!
FX本のヒットメーカーである著者・松田哲氏が
FXで勝ち続けるための極意を熱意と情熱と魂をこめて徹底レクチャー!
2008年の為替相場に必須なドル/円売り、ユーロ/ドル買いの売買戦略を解説!
スワップ金利欲しさにドル/円売りをためらっていて
あなたは本当に勝てますか?

本書は3部構成になっています。

第1部・小説仕立ての為替取引入門編

伝説の為替小説「フォレックス・ディーラー物語」に学ぶ「為替とは何か?」「儲けるとは何か?」
−−松田氏が執筆した為替小説をもとにリアルな為替取引の世界と相場の行方が自然と頭に入る構成になっています。どんな入門書よりもこの小説を読んだほうが、FXの仕組みや為替市場(インターバンク市場)の圧倒的な臨場感を感じることができます。

第2部・プロ並みの売買戦略構築法を図解で徹底解説

「買い」と「売り」では売買戦略が全然、違う!
チャートを使った「現状把握」→相場心理や市場のテーマを睨んだ「未来予想」→「実際の売買」→「自らの心理状態のコントロール」→「利益確定」まで、プロ並みの売買のプロセスを一挙紹介します!
中でも、チャートから相場の行方を決める「チャート・ポイント」を見つけ出し、それをもとに売買戦略を立てる方法論が実践的に詳細に書かれています。

第3部・2008年はドル/円売り、ユーロ/ドル買いを基本に

2008年最大のテーマは「ドル安」。「深刻化するサブプライムローン問題→アメリカの景気後退」を睨んでどのような取引をすべきか? ドル円の100円割れ、ユーロ・ポンド・豪ドルなどクロス円通貨に対する円高はどのレベルまでを想定すべきか?相変わらず強い上昇トレンドを示すユーロ/ドル買いの戦略など、
円高でお困りの投資家を救う待望の未来予想&売買ガイダンス満載! 
円高で外貨建て商品の損失がすでに社会問題化していることを警告!

内容(「MARC」データベースより)
為替取引とは何か? FXで勝つ極意とは? 2008年最大のテーマ・ドル安の行方は? 2008年の最新相場動向を睨みつつ、FXで勝つための知識、経験、ノウハウ、心構えを解説。

「FX完全攻略!トレーダーズ・クラブ!」
posted by ゴリ太郎 at 18:48| Comment(0) | TrackBack(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月02日

はじめての人のFX(外国為替証拠金取引)基礎知識&儲けのルール―『通貨ペア』の選び方から『チャート分析』まで


商品の説明

出版社/著者からの内容紹介
最近、話題のFX(外国為替証拠金取引)!
本書は、『商品知識』や『市場の分析力』、『資金管理能力』など、FXの基本知識から儲けるためのルールまで、やさしく解説した決定版です!

内容(「BOOK」データベースより)
本書では、まず『FX(外国為替証拠金取引)』について、仕組みや魅力、リスクについて説明。その後は、「儲けていくためにはどんなことに気をつけ、どういった分析力を磨いていけばいいのか?」「儲けるために役立つ市場の特徴にはどのようなものがあるのか?」などについて説明していき、今後の相場展開を読む分析力の向上を図ります。最後に「では、実際に投資するにあたり、資金をいかに管理していくべきか?」「どういったスタイルで取引していくべきか?」という投資戦略について説明していく流れになっています。

内容(「MARC」データベースより)
「FXってそもそも何?」「どんな投資手法があるの?」など、FX初心者でも安心して始められるように、仕組みや魅力、リスクなどの商品知識から、分析、投資戦略までわかりやすく説明。

カバーの折り返し
なるほど、
こうすれば儲かるのか!
★「スワップポイント」でラクラク利益計上!
★国際的な「事件」が起こった時こそ稼ぎ時!
★「円高」or「円安」を見極め、利益を得る!
★「資金管理能力」を身につけて高収益を確保!
★自分に適した稼げる分析方法をマスター!

著者について
●著者プロフィール
山岡和雅(やまおか・かずまさ)
◎1970年生まれ。同志社大学経済学部卒業。1992年チェースマンハッタン銀行に入行。その後、ナショナルウェストミンスター銀行(現ロイヤルバンクオブスコットランド銀行)に移籍。10年以上にわたって外国為替ディーラーとして、市場の最前線で活躍。
◎2003年4月よりGCIグループに参画。現在、GCIキャピタル・シニアアナリストとして情報配信やセミナーなどで活躍。毎朝配信されるメールマガジン『外国為替ディーラーの心の中』は16,000人以上の読者を持つ。(社)日本証券アナリスト協会検定会員。
◎著書に、『外為投資ネットでラクラク儲かる方法』(すばる舎)がある。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
山岡 和雅
1970年生まれ。同志社大学経済学部卒業。1992年チェースマンハッタン銀行に入行。その後、ナショナルウェストミンスター銀行(現ロイヤルバンクオブスコットランド銀行)に移籍。10年以上にわたって外国為替ディーラーとして、市場の最前線で活躍。2003年4月よりGCIグループに参画。現在、GCIキャピタル・シニアアナリストとして情報配信やセミナーなどで活躍。毎朝配信されるメールマガジン『外国為替ディーラーの心の中』は16,000人以上の読者を持つ。(社)日本証券アナリスト協会検定会員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

30:2FX運用プログラム
posted by ゴリ太郎 at 00:48| Comment(0) | TrackBack(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月01日

FXの教科書


出版社/著者からの内容紹介
一時104円台まで進んだ円高を昨年夏段階で予想!
FX本のヒットメーカーである著者・松田哲氏が
FXで勝ち続けるための極意を熱意と情熱と魂をこめて徹底レクチャー!
2008年の為替相場に必須なドル/円売り、ユーロ/ドル買いの売買戦略を解説!
スワップ金利欲しさにドル/円売りをためらっていて
あなたは本当に勝てますか?

本書は3部構成になっています。

第1部・小説仕立ての為替取引入門編

伝説の為替小説「フォレックス・ディーラー物語」に学ぶ「為替とは何か?」「儲けるとは何か?」
−−松田氏が執筆した為替小説をもとにリアルな為替取引の世界と相場の行方が自然と頭に入る構成になっています。どんな入門書よりもこの小説を読んだほうが、FXの仕組みや為替市場(インターバンク市場)の圧倒的な臨場感を感じることができます。

第2部・プロ並みの売買戦略構築法を図解で徹底解説

「買い」と「売り」では売買戦略が全然、違う!
チャートを使った「現状把握」→相場心理や市場のテーマを睨んだ「未来予想」→「実際の売買」→「自らの心理状態のコントロール」→「利益確定」まで、プロ並みの売買のプロセスを一挙紹介します!
中でも、チャートから相場の行方を決める「チャート・ポイント」を見つけ出し、それをもとに売買戦略を立てる方法論が実践的に詳細に書かれています。

第3部・2008年はドル/円売り、ユーロ/ドル買いを基本に

2008年最大のテーマは「ドル安」。「深刻化するサブプライムローン問題→アメリカの景気後退」を睨んでどのような取引をすべきか? ドル円の100円割れ、ユーロ・ポンド・豪ドルなどクロス円通貨に対する円高はどのレベルまでを想定すべきか?相変わらず強い上昇トレンドを示すユーロ/ドル買いの戦略など、
円高でお困りの投資家を救う待望の未来予想&売買ガイダンス満載! 
円高で外貨建て商品の損失がすでに社会問題化していることを警告!

内容(「MARC」データベースより)
為替取引とは何か? FXで勝つ極意とは? 2008年最大のテーマ・ドル安の行方は? 2008年の最新相場動向を睨みつつ、FXで勝つための知識、経験、ノウハウ、心構えを解説。

  FXで年収1000万円を手に入れる究極の解答
posted by ゴリ太郎 at 01:16| Comment(0) | TrackBack(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月30日

ローリスクで年20%の複利運用! 初心者でもできるFXスワップ運用


内容紹介
FXで儲ける手法として、代表的なスワップ運用。日本円と他の高金利通貨との金利差を利用して利子を得るインカムゲインを目的とするトレード方法です。ゼロ金利時代に比べ日本円の金利は上がっているものの、南アフリカランドや豪・NZドルといった高金利通貨とはまだ5~10%程度の差があり、依然スワップトレードは人気があります。そこで、FX初心者に向けてFXの基礎から、各ポイントの解説とそれに沿った業者選び(実際に使ってみたレポート付き)、売買方法などをスワップトレードの観点から解説します。

スワップ運用30:2FX運用プログラム
posted by ゴリ太郎 at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月29日

FXで月100万円儲ける私の方法【実践編】


内容紹介
ベストセラー『FXで月100万円儲ける私の方法』の著者

カリスマ主婦トレーダー鳥居万友美が書いた

実践編!!



読者からの問い合わせが多かった

「カリスマ主婦トレーダー鳥居万友美の勝ちパターン30」を大公開!

これで、買い時、売り時のタイミングがひと目でわかります!



FXビギナーの方でもわかりやすいように書かれてありますので、

FXの基礎知識はもちろん、用語解説、簡単なチャート見方、注文方法まで、この1冊ですべてがわかります!

著者について
鳥居万友美(とりい・まゆみ)
株式会社ピュアエッジ代表取締役。FX美女の会主宰。短大を卒業し、秘書を務めた後、結婚、出産。しかし、離婚をきっかけに女性の経済的自立の大切さに目覚める。家で子育てをしながら確保できる収入源はないか?と試行錯誤していたときにFXと出会う。500万円以上の大損切りを経験後、独自の手法を確立。ミッションは「女性の経済的不安を解消するお手伝いをする」こと。著書『FXで月100万円儲ける私の方法』はベストセラーになった。

FXで年収1000万円を手に入れる究極の解答
posted by ゴリ太郎 at 03:26| Comment(0) | TrackBack(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。