2008年10月08日

投機バブル 根拠なき熱狂―アメリカ株式市場、暴落の必然


1億への最短・最速の裏道を極秘伝授!8500時間もの検証の末に遂に完成!ライブドアショック、サブプライムショックで莫大な資産を築いた!暴落破壊投資術!!

株価変動研究の権威として名高いロバート・J.シラーが、本書でかなり急を要するテーマについて大胆に取り組んでいる。彼は、昨今のアメリカ株式市場の高騰ぶりについて型破りな解釈を見せ、FRBのアラン・グリーンスパン議長の発言「根拠なき熱狂」は、ここ最近の市況観をまさに言い当てた言葉だと同意する。その上で株価暴落がそう遠くないことを警告し、国家として個人としての今後の対応策を提言している。
シラーによると、株価暴騰が起きたのはさまざまな要因が前例のない絡み方をしたためである。1994年から1999年の間にダウ工業株平均は3倍に跳ね上がった。他の経済分野では見られないこの著しい成長度合いについて、シラーは構造的要因と心理的要因から分析を試みる。多くのアナリストたちに反して、シラーは投資家の市場観を変えた環境的側面を重要視している。たとえば、アメリカ世帯のインターネット普及、退職時期を迎えたベビーブーム世代に広がる「株式は長期的に保護されている」という間違った思い込み、デイトレーディングに代表される群衆行動などである。また文化的要因として、スポーツ中継さながらのダウ実況を行うニュースメディアの影響、世界的な「新時代」思考などを挙げている。さらにシラーは今後の市場が、専門用語でいえば「効果的市場理論」、つまりバブル投資家が市場の真の価値を学んだのはつい最近だという主張に基づいた「合理的な熱狂」になるよう努力し、挑戦する必要があると説く。

本書で一番大きな論議を呼ぶのは、株式市場は本来不安定なもので、過去の基準をものさしに買いかぶっていると痛い目にあうというシラーの警告であろう。今後を見据えた提案の中で彼が特に切実に訴えているのは、アメリカの社会保障制度の民営化計画は危険であり、ただちにやめるべきだという主張だ。さらに彼は、多人数の退職基金をまるごと株式市場につぎこむのを奨励するような個人年金プランは修正すべきだし、今後の貯蓄、投資制度はリスクマネジメントの本質を考慮したうえで、もっと賢明な見直しが必要だと主張する。シラーの分析は、添付された資料でしっかりと裏づけられている。今後の市場の動向はどうであれ、本書は、乱高下する株価の秘密、そして投資ブームに踊らされている我々が今後とるべき道について、念入りな分析検討を重ねた貴重な1冊である。

『Irrational Exuberance』(邦題『根拠なき熱狂』)は、アメリカ国内外を問わず、年金スポンサーやエンドゥメント・マネジャーの必読の書である。また、投資アドバイザー、政策担当者、そして投機バブルがはじけたときになすすべもなく見ているのはごめんだ、と考える全米中の人々にとって示唆に富んだ1冊だ。 --このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

出版社/著者からの内容紹介
異様な高騰を続ける米国株式市場を斬新な角度から分析。暴落への警告を発して、全米にセンセーションを巻き起こした超話題書!

1億への最短・最速の裏道を極秘伝授!8500時間もの検証の末に遂に完成!ライブドアショック、サブプライムショックで莫大な資産を築いた!暴落破壊投資術!!
posted by ゴリ太郎 at 15:00| Comment(40) | TrackBack(0) | 株式投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

投機バブル 根拠なき熱狂―アメリカ株式市場、暴落の必然


1億への最短・最速の裏道を極秘伝授!8500時間もの検証の末に遂に完成!ライブドアショック、サブプライムショックで莫大な資産を築いた!暴落破壊投資術!!

株価変動研究の権威として名高いロバート・J.シラーが、本書でかなり急を要するテーマについて大胆に取り組んでいる。彼は、昨今のアメリカ株式市場の高騰ぶりについて型破りな解釈を見せ、FRBのアラン・グリーンスパン議長の発言「根拠なき熱狂」は、ここ最近の市況観をまさに言い当てた言葉だと同意する。その上で株価暴落がそう遠くないことを警告し、国家として個人としての今後の対応策を提言している。
シラーによると、株価暴騰が起きたのはさまざまな要因が前例のない絡み方をしたためである。1994年から1999年の間にダウ工業株平均は3倍に跳ね上がった。他の経済分野では見られないこの著しい成長度合いについて、シラーは構造的要因と心理的要因から分析を試みる。多くのアナリストたちに反して、シラーは投資家の市場観を変えた環境的側面を重要視している。たとえば、アメリカ世帯のインターネット普及、退職時期を迎えたベビーブーム世代に広がる「株式は長期的に保護されている」という間違った思い込み、デイトレーディングに代表される群衆行動などである。また文化的要因として、スポーツ中継さながらのダウ実況を行うニュースメディアの影響、世界的な「新時代」思考などを挙げている。さらにシラーは今後の市場が、専門用語でいえば「効果的市場理論」、つまりバブル投資家が市場の真の価値を学んだのはつい最近だという主張に基づいた「合理的な熱狂」になるよう努力し、挑戦する必要があると説く。

本書で一番大きな論議を呼ぶのは、株式市場は本来不安定なもので、過去の基準をものさしに買いかぶっていると痛い目にあうというシラーの警告であろう。今後を見据えた提案の中で彼が特に切実に訴えているのは、アメリカの社会保障制度の民営化計画は危険であり、ただちにやめるべきだという主張だ。さらに彼は、多人数の退職基金をまるごと株式市場につぎこむのを奨励するような個人年金プランは修正すべきだし、今後の貯蓄、投資制度はリスクマネジメントの本質を考慮したうえで、もっと賢明な見直しが必要だと主張する。シラーの分析は、添付された資料でしっかりと裏づけられている。今後の市場の動向はどうであれ、本書は、乱高下する株価の秘密、そして投資ブームに踊らされている我々が今後とるべき道について、念入りな分析検討を重ねた貴重な1冊である。

『Irrational Exuberance』(邦題『根拠なき熱狂』)は、アメリカ国内外を問わず、年金スポンサーやエンドゥメント・マネジャーの必読の書である。また、投資アドバイザー、政策担当者、そして投機バブルがはじけたときになすすべもなく見ているのはごめんだ、と考える全米中の人々にとって示唆に富んだ1冊だ。 --このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

出版社/著者からの内容紹介
異様な高騰を続ける米国株式市場を斬新な角度から分析。暴落への警告を発して、全米にセンセーションを巻き起こした超話題書!

1億への最短・最速の裏道を極秘伝授!8500時間もの検証の末に遂に完成!ライブドアショック、サブプライムショックで莫大な資産を築いた!暴落破壊投資術!!
posted by ゴリ太郎 at 09:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 株式投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

投機バブル 根拠なき熱狂―アメリカ株式市場、暴落の必然


1億への最短・最速の裏道を極秘伝授!8500時間もの検証の末に遂に完成!ライブドアショック、サブプライムショックで莫大な資産を築いた!暴落破壊投資術!!

株価変動研究の権威として名高いロバート・J.シラーが、本書でかなり急を要するテーマについて大胆に取り組んでいる。彼は、昨今のアメリカ株式市場の高騰ぶりについて型破りな解釈を見せ、FRBのアラン・グリーンスパン議長の発言「根拠なき熱狂」は、ここ最近の市況観をまさに言い当てた言葉だと同意する。その上で株価暴落がそう遠くないことを警告し、国家として個人としての今後の対応策を提言している。
シラーによると、株価暴騰が起きたのはさまざまな要因が前例のない絡み方をしたためである。1994年から1999年の間にダウ工業株平均は3倍に跳ね上がった。他の経済分野では見られないこの著しい成長度合いについて、シラーは構造的要因と心理的要因から分析を試みる。多くのアナリストたちに反して、シラーは投資家の市場観を変えた環境的側面を重要視している。たとえば、アメリカ世帯のインターネット普及、退職時期を迎えたベビーブーム世代に広がる「株式は長期的に保護されている」という間違った思い込み、デイトレーディングに代表される群衆行動などである。また文化的要因として、スポーツ中継さながらのダウ実況を行うニュースメディアの影響、世界的な「新時代」思考などを挙げている。さらにシラーは今後の市場が、専門用語でいえば「効果的市場理論」、つまりバブル投資家が市場の真の価値を学んだのはつい最近だという主張に基づいた「合理的な熱狂」になるよう努力し、挑戦する必要があると説く。

本書で一番大きな論議を呼ぶのは、株式市場は本来不安定なもので、過去の基準をものさしに買いかぶっていると痛い目にあうというシラーの警告であろう。今後を見据えた提案の中で彼が特に切実に訴えているのは、アメリカの社会保障制度の民営化計画は危険であり、ただちにやめるべきだという主張だ。さらに彼は、多人数の退職基金をまるごと株式市場につぎこむのを奨励するような個人年金プランは修正すべきだし、今後の貯蓄、投資制度はリスクマネジメントの本質を考慮したうえで、もっと賢明な見直しが必要だと主張する。シラーの分析は、添付された資料でしっかりと裏づけられている。今後の市場の動向はどうであれ、本書は、乱高下する株価の秘密、そして投資ブームに踊らされている我々が今後とるべき道について、念入りな分析検討を重ねた貴重な1冊である。

『Irrational Exuberance』(邦題『根拠なき熱狂』)は、アメリカ国内外を問わず、年金スポンサーやエンドゥメント・マネジャーの必読の書である。また、投資アドバイザー、政策担当者、そして投機バブルがはじけたときになすすべもなく見ているのはごめんだ、と考える全米中の人々にとって示唆に富んだ1冊だ。 --このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

出版社/著者からの内容紹介
異様な高騰を続ける米国株式市場を斬新な角度から分析。暴落への警告を発して、全米にセンセーションを巻き起こした超話題書!

1億への最短・最速の裏道を極秘伝授!8500時間もの検証の末に遂に完成!ライブドアショック、サブプライムショックで莫大な資産を築いた!暴落破壊投資術!!
posted by ゴリ太郎 at 01:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 株式投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月05日

投機バブル 根拠なき熱狂―アメリカ株式市場、暴落の必然


1億への最短・最速の裏道を極秘伝授!8500時間もの検証の末に遂に完成!ライブドアショック、サブプライムショックで莫大な資産を築いた!暴落破壊投資術!!

株価変動研究の権威として名高いロバート・J.シラーが、本書でかなり急を要するテーマについて大胆に取り組んでいる。彼は、昨今のアメリカ株式市場の高騰ぶりについて型破りな解釈を見せ、FRBのアラン・グリーンスパン議長の発言「根拠なき熱狂」は、ここ最近の市況観をまさに言い当てた言葉だと同意する。その上で株価暴落がそう遠くないことを警告し、国家として個人としての今後の対応策を提言している。
シラーによると、株価暴騰が起きたのはさまざまな要因が前例のない絡み方をしたためである。1994年から1999年の間にダウ工業株平均は3倍に跳ね上がった。他の経済分野では見られないこの著しい成長度合いについて、シラーは構造的要因と心理的要因から分析を試みる。多くのアナリストたちに反して、シラーは投資家の市場観を変えた環境的側面を重要視している。たとえば、アメリカ世帯のインターネット普及、退職時期を迎えたベビーブーム世代に広がる「株式は長期的に保護されている」という間違った思い込み、デイトレーディングに代表される群衆行動などである。また文化的要因として、スポーツ中継さながらのダウ実況を行うニュースメディアの影響、世界的な「新時代」思考などを挙げている。さらにシラーは今後の市場が、専門用語でいえば「効果的市場理論」、つまりバブル投資家が市場の真の価値を学んだのはつい最近だという主張に基づいた「合理的な熱狂」になるよう努力し、挑戦する必要があると説く。

本書で一番大きな論議を呼ぶのは、株式市場は本来不安定なもので、過去の基準をものさしに買いかぶっていると痛い目にあうというシラーの警告であろう。今後を見据えた提案の中で彼が特に切実に訴えているのは、アメリカの社会保障制度の民営化計画は危険であり、ただちにやめるべきだという主張だ。さらに彼は、多人数の退職基金をまるごと株式市場につぎこむのを奨励するような個人年金プランは修正すべきだし、今後の貯蓄、投資制度はリスクマネジメントの本質を考慮したうえで、もっと賢明な見直しが必要だと主張する。シラーの分析は、添付された資料でしっかりと裏づけられている。今後の市場の動向はどうであれ、本書は、乱高下する株価の秘密、そして投資ブームに踊らされている我々が今後とるべき道について、念入りな分析検討を重ねた貴重な1冊である。

『Irrational Exuberance』(邦題『根拠なき熱狂』)は、アメリカ国内外を問わず、年金スポンサーやエンドゥメント・マネジャーの必読の書である。また、投資アドバイザー、政策担当者、そして投機バブルがはじけたときになすすべもなく見ているのはごめんだ、と考える全米中の人々にとって示唆に富んだ1冊だ。 --このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

出版社/著者からの内容紹介
異様な高騰を続ける米国株式市場を斬新な角度から分析。暴落への警告を発して、全米にセンセーションを巻き起こした超話題書!

1億への最短・最速の裏道を極秘伝授!8500時間もの検証の末に遂に完成!ライブドアショック、サブプライムショックで莫大な資産を築いた!暴落破壊投資術!!
posted by ゴリ太郎 at 01:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 株式投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月20日

信用取引は図解で覚える カラ売り35の法則


1億への最短・最速の裏道を極秘伝授!8500時間もの検証の末に遂に完成!ライブドアショック、サブプライムショックで莫大な資産を築いた!暴落破壊投資術!!

内容紹介
株価が下がりっぱなしだとしたら、どうしますか? 現物株だったらあっという間に塩漬け株だらけで身動きが取れなくなるばかりか、資産が目減りしていってしまいます。

そんな、株価が下がっているときに、儲かるしくみがあるんです。それが、信用取引です。
本書では、ちょっと怖いイメージがある「信用取引」のしくみを、いちからていねいに解説しています。そして、キモになる「カラ売り」まで、5段階に分けて、35のStepでわかりやすく解説しています。

信用取引をやってみたいけど…とか、塩漬け株だらけなんだよな…とか、今日から信用取引をやってみたい人に打ってつけの1冊です。
posted by ゴリ太郎 at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 株式投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月16日

ゾーン  相場心理学入門



渋谷高雄のトップトレーダー育成プログラム

商品の説明
Amazon.co.jp
トレードに成功するために不可欠な「ゾーン」といわれる心理状態に達するための方法を説いた指南書。抽象的な精神論ではなく、トレードという目的に沿った解説なので説得力がある。一貫して勝つためには、どんな投資手法を用いようとも、「ゾーン」は不可欠な心理状態である。投資をこれから始める人にも役に立つが、何回かトレードで痛い目をみたことがある人、壁にぶつかってしまったと感じているトレーダーにとってきわめて有益な1冊といえる。 
逆説的に聞こえる「マーケット分析は無意味」というような表現もあり、読み始めは、「ゾーン」にどれほど効果があるものか半信半疑になってしまう。ところが、読み進むうちに、著者のアドバイスの有用性が次第にわかってくる。「トレードに勝つことは誰にでもできる」が、「一貫して勝つためには心理状態が必要」という表現も、最初は禅問答にしか聞こえない。これも、7章「トレーダーの優位性」のあたりまで読み進むと、確率的思考法という概念とともにすんなり受け入れられるだろう。負けトレードで悪い情報を意図的に避ける、マーケットに対して期待や裏切られたといった感情を抱いてしまう凡庸なトレーダーの例には、耳が痛い人も少なからずいるはずだ。

概念の説明に用いられている事例はわかりやすくて説得力がある。たとえば、著者が力説する、認識が判断にいかに影響を与えるかというくだりでは、蛇を怖がる大人と怖がらない子ども、犬を初めて見た子ども、お金をタダであげると書かれた看板を持って町に出たテレビ番組のスタッフ、といったユニークな例が用いられている。こうした事例を通じて、正しい判断を疎外する認識を、当初は意図的に、ゆくゆくは無意識のうちに、排除することの重要性がわかってくる。

11章後半には、「ゾーン」を身につけるための段階別実践法が示されている。読み終わると、訳者が「明鏡止水の境地」と表現した、この心理状態に近づくことができた気になるから不思議だ。(河野幸吾)

出版社/著者からの内容紹介
『規律とトレーダー』を書いたマーク・ダグラスの待望の新刊!
恐怖心ゼロ、悩みゼロで、結果は気にせず、淡々と直感的に行動し、反応し、ただその瞬間に「するだけ」の境地、つまり、「ゾーン」に達した者が勝つ投資家になる!さて、その方法とは?

究極の相場心理を伝授する!
マーケットについてよく知っている投資家はいるだろう。買い時、売り時、有望株を識別する優れた分析手法についてもよく知っている投資家 はいるだろう。

 しかし自分自身についてよく知っている投資家はどれだけいるだろうか?
たとえ非常に鋭敏な分析力があり、かなり意欲的で、幅広く奥深い知識があったと しても、決断力に乏しく失敗を恐れていては
再起不能のミスを犯してし、再起不能まう可能性 が常にあるのだ。
実際、多くの投資家がトレードやマーケットの本質について誤解と
矛盾した信念を抱いている。
そのため客観的な集中力を維持できず、的確な執行に不可欠な自信がなくなってしまい、トレードに悪戦苦闘してしまう。

そして、その結果はどうか。大半の投資家がトレードを始めてから1年
以内に、資 金の全額か、あるいは大部分を失ってしまうのだ。
マーク・ダグラスはトレーディング・ビヘイバー・ダイナミクス社の代表を務め、 金融業界の有力者や大手企業から広く尊敬を集めているトレードのコーチである。

約 20年間にわたって、多くのトレーダーたちが自信、規律、そして一貫性を習得するた めに、必要で、勝つ姿勢を教授し、育成支援してきた実績がある。

ダグラスにとって、トレードで成功を収めるカギは、網羅されたマーケット分析や 最新型の「システム」ではない。投資家自身の心理の
強化にある。そしてそのために はトレードを確率的視点から考察し
適切な中核的信念を取り入れて「勝者の心構 え」を持つ必要があると
主張する。「ゾーン」状態に達したトレーダーは、マーケッ トが次にどうなるか知る必要はないし、気にしない。

「自分」が次にどうしたよいか 知っているのだ。そこには決定的な違いがある。本書では、投資家がトレードで一貫した結果を出せない隠された理由を明らかに し、奥底に潜む心の習性がもたらす障壁を乗り越えるため、実践的なプロセスが提示 されている。

ダグラスはマーケットの神秘に挑戦し、見事にひとつつひとつそれを
明 確にした。すべての株式トレードを支配する「不確実性の原理」を
本書から理解すれ ば、ランダムな結果を大局的に見て、リスクの本当
の現実を受け入れられるようにな るだろう。
本書から、マーケットで優位性を得るために欠かせない、まったく新しい次元の心 理状態を習得できる。「
ゾーン」の力を最大限に活用し、大きく飛躍してほしい。


渋谷高雄のトップトレーダー育成プログラム
posted by ゴリ太郎 at 18:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 株式投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月14日

ゾーン  相場心理学入門



渋谷高雄のトップトレーダー育成プログラム

商品の説明
Amazon.co.jp
トレードに成功するために不可欠な「ゾーン」といわれる心理状態に達するための方法を説いた指南書。抽象的な精神論ではなく、トレードという目的に沿った解説なので説得力がある。一貫して勝つためには、どんな投資手法を用いようとも、「ゾーン」は不可欠な心理状態である。投資をこれから始める人にも役に立つが、何回かトレードで痛い目をみたことがある人、壁にぶつかってしまったと感じているトレーダーにとってきわめて有益な1冊といえる。 
逆説的に聞こえる「マーケット分析は無意味」というような表現もあり、読み始めは、「ゾーン」にどれほど効果があるものか半信半疑になってしまう。ところが、読み進むうちに、著者のアドバイスの有用性が次第にわかってくる。「トレードに勝つことは誰にでもできる」が、「一貫して勝つためには心理状態が必要」という表現も、最初は禅問答にしか聞こえない。これも、7章「トレーダーの優位性」のあたりまで読み進むと、確率的思考法という概念とともにすんなり受け入れられるだろう。負けトレードで悪い情報を意図的に避ける、マーケットに対して期待や裏切られたといった感情を抱いてしまう凡庸なトレーダーの例には、耳が痛い人も少なからずいるはずだ。

概念の説明に用いられている事例はわかりやすくて説得力がある。たとえば、著者が力説する、認識が判断にいかに影響を与えるかというくだりでは、蛇を怖がる大人と怖がらない子ども、犬を初めて見た子ども、お金をタダであげると書かれた看板を持って町に出たテレビ番組のスタッフ、といったユニークな例が用いられている。こうした事例を通じて、正しい判断を疎外する認識を、当初は意図的に、ゆくゆくは無意識のうちに、排除することの重要性がわかってくる。

11章後半には、「ゾーン」を身につけるための段階別実践法が示されている。読み終わると、訳者が「明鏡止水の境地」と表現した、この心理状態に近づくことができた気になるから不思議だ。(河野幸吾)

出版社/著者からの内容紹介
『規律とトレーダー』を書いたマーク・ダグラスの待望の新刊!
恐怖心ゼロ、悩みゼロで、結果は気にせず、淡々と直感的に行動し、反応し、ただその瞬間に「するだけ」の境地、つまり、「ゾーン」に達した者が勝つ投資家になる!さて、その方法とは?

究極の相場心理を伝授する!
マーケットについてよく知っている投資家はいるだろう。買い時、売り時、有望株を識別する優れた分析手法についてもよく知っている投資家 はいるだろう。

 しかし自分自身についてよく知っている投資家はどれだけいるだろうか?
たとえ非常に鋭敏な分析力があり、かなり意欲的で、幅広く奥深い知識があったと しても、決断力に乏しく失敗を恐れていては
再起不能のミスを犯してし、再起不能まう可能性 が常にあるのだ。
実際、多くの投資家がトレードやマーケットの本質について誤解と
矛盾した信念を抱いている。
そのため客観的な集中力を維持できず、的確な執行に不可欠な自信がなくなってしまい、トレードに悪戦苦闘してしまう。

そして、その結果はどうか。大半の投資家がトレードを始めてから1年
以内に、資 金の全額か、あるいは大部分を失ってしまうのだ。
マーク・ダグラスはトレーディング・ビヘイバー・ダイナミクス社の代表を務め、 金融業界の有力者や大手企業から広く尊敬を集めているトレードのコーチである。

約 20年間にわたって、多くのトレーダーたちが自信、規律、そして一貫性を習得するた めに、必要で、勝つ姿勢を教授し、育成支援してきた実績がある。

ダグラスにとって、トレードで成功を収めるカギは、網羅されたマーケット分析や 最新型の「システム」ではない。投資家自身の心理の
強化にある。そしてそのために はトレードを確率的視点から考察し
適切な中核的信念を取り入れて「勝者の心構 え」を持つ必要があると
主張する。「ゾーン」状態に達したトレーダーは、マーケッ トが次にどうなるか知る必要はないし、気にしない。

「自分」が次にどうしたよいか 知っているのだ。そこには決定的な違いがある。本書では、投資家がトレードで一貫した結果を出せない隠された理由を明らかに し、奥底に潜む心の習性がもたらす障壁を乗り越えるため、実践的なプロセスが提示 されている。

ダグラスはマーケットの神秘に挑戦し、見事にひとつつひとつそれを
明 確にした。すべての株式トレードを支配する「不確実性の原理」を
本書から理解すれ ば、ランダムな結果を大局的に見て、リスクの本当
の現実を受け入れられるようにな るだろう。
本書から、マーケットで優位性を得るために欠かせない、まったく新しい次元の心 理状態を習得できる。「
ゾーン」の力を最大限に活用し、大きく飛躍してほしい。


渋谷高雄のトップトレーダー育成プログラム
posted by ゴリ太郎 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 株式投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月11日

ゾーン  相場心理学入門



渋谷高雄のトップトレーダー育成プログラム

商品の説明
Amazon.co.jp
トレードに成功するために不可欠な「ゾーン」といわれる心理状態に達するための方法を説いた指南書。抽象的な精神論ではなく、トレードという目的に沿った解説なので説得力がある。一貫して勝つためには、どんな投資手法を用いようとも、「ゾーン」は不可欠な心理状態である。投資をこれから始める人にも役に立つが、何回かトレードで痛い目をみたことがある人、壁にぶつかってしまったと感じているトレーダーにとってきわめて有益な1冊といえる。 
逆説的に聞こえる「マーケット分析は無意味」というような表現もあり、読み始めは、「ゾーン」にどれほど効果があるものか半信半疑になってしまう。ところが、読み進むうちに、著者のアドバイスの有用性が次第にわかってくる。「トレードに勝つことは誰にでもできる」が、「一貫して勝つためには心理状態が必要」という表現も、最初は禅問答にしか聞こえない。これも、7章「トレーダーの優位性」のあたりまで読み進むと、確率的思考法という概念とともにすんなり受け入れられるだろう。負けトレードで悪い情報を意図的に避ける、マーケットに対して期待や裏切られたといった感情を抱いてしまう凡庸なトレーダーの例には、耳が痛い人も少なからずいるはずだ。

概念の説明に用いられている事例はわかりやすくて説得力がある。たとえば、著者が力説する、認識が判断にいかに影響を与えるかというくだりでは、蛇を怖がる大人と怖がらない子ども、犬を初めて見た子ども、お金をタダであげると書かれた看板を持って町に出たテレビ番組のスタッフ、といったユニークな例が用いられている。こうした事例を通じて、正しい判断を疎外する認識を、当初は意図的に、ゆくゆくは無意識のうちに、排除することの重要性がわかってくる。

11章後半には、「ゾーン」を身につけるための段階別実践法が示されている。読み終わると、訳者が「明鏡止水の境地」と表現した、この心理状態に近づくことができた気になるから不思議だ。(河野幸吾)

出版社/著者からの内容紹介
『規律とトレーダー』を書いたマーク・ダグラスの待望の新刊!
恐怖心ゼロ、悩みゼロで、結果は気にせず、淡々と直感的に行動し、反応し、ただその瞬間に「するだけ」の境地、つまり、「ゾーン」に達した者が勝つ投資家になる!さて、その方法とは?

究極の相場心理を伝授する!
マーケットについてよく知っている投資家はいるだろう。買い時、売り時、有望株を識別する優れた分析手法についてもよく知っている投資家 はいるだろう。

 しかし自分自身についてよく知っている投資家はどれだけいるだろうか?
たとえ非常に鋭敏な分析力があり、かなり意欲的で、幅広く奥深い知識があったと しても、決断力に乏しく失敗を恐れていては
再起不能のミスを犯してし、再起不能まう可能性 が常にあるのだ。
実際、多くの投資家がトレードやマーケットの本質について誤解と
矛盾した信念を抱いている。
そのため客観的な集中力を維持できず、的確な執行に不可欠な自信がなくなってしまい、トレードに悪戦苦闘してしまう。

そして、その結果はどうか。大半の投資家がトレードを始めてから1年
以内に、資 金の全額か、あるいは大部分を失ってしまうのだ。
マーク・ダグラスはトレーディング・ビヘイバー・ダイナミクス社の代表を務め、 金融業界の有力者や大手企業から広く尊敬を集めているトレードのコーチである。

約 20年間にわたって、多くのトレーダーたちが自信、規律、そして一貫性を習得するた めに、必要で、勝つ姿勢を教授し、育成支援してきた実績がある。

ダグラスにとって、トレードで成功を収めるカギは、網羅されたマーケット分析や 最新型の「システム」ではない。投資家自身の心理の
強化にある。そしてそのために はトレードを確率的視点から考察し
適切な中核的信念を取り入れて「勝者の心構 え」を持つ必要があると
主張する。「ゾーン」状態に達したトレーダーは、マーケッ トが次にどうなるか知る必要はないし、気にしない。

「自分」が次にどうしたよいか 知っているのだ。そこには決定的な違いがある。本書では、投資家がトレードで一貫した結果を出せない隠された理由を明らかに し、奥底に潜む心の習性がもたらす障壁を乗り越えるため、実践的なプロセスが提示 されている。

ダグラスはマーケットの神秘に挑戦し、見事にひとつつひとつそれを
明 確にした。すべての株式トレードを支配する「不確実性の原理」を
本書から理解すれ ば、ランダムな結果を大局的に見て、リスクの本当
の現実を受け入れられるようにな るだろう。
本書から、マーケットで優位性を得るために欠かせない、まったく新しい次元の心 理状態を習得できる。「
ゾーン」の力を最大限に活用し、大きく飛躍してほしい。


渋谷高雄のトップトレーダー育成プログラム
posted by ゴリ太郎 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 株式投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ゾーン  相場心理学入門



渋谷高雄のトップトレーダー育成プログラム

商品の説明
Amazon.co.jp
トレードに成功するために不可欠な「ゾーン」といわれる心理状態に達するための方法を説いた指南書。抽象的な精神論ではなく、トレードという目的に沿った解説なので説得力がある。一貫して勝つためには、どんな投資手法を用いようとも、「ゾーン」は不可欠な心理状態である。投資をこれから始める人にも役に立つが、何回かトレードで痛い目をみたことがある人、壁にぶつかってしまったと感じているトレーダーにとってきわめて有益な1冊といえる。 
逆説的に聞こえる「マーケット分析は無意味」というような表現もあり、読み始めは、「ゾーン」にどれほど効果があるものか半信半疑になってしまう。ところが、読み進むうちに、著者のアドバイスの有用性が次第にわかってくる。「トレードに勝つことは誰にでもできる」が、「一貫して勝つためには心理状態が必要」という表現も、最初は禅問答にしか聞こえない。これも、7章「トレーダーの優位性」のあたりまで読み進むと、確率的思考法という概念とともにすんなり受け入れられるだろう。負けトレードで悪い情報を意図的に避ける、マーケットに対して期待や裏切られたといった感情を抱いてしまう凡庸なトレーダーの例には、耳が痛い人も少なからずいるはずだ。

概念の説明に用いられている事例はわかりやすくて説得力がある。たとえば、著者が力説する、認識が判断にいかに影響を与えるかというくだりでは、蛇を怖がる大人と怖がらない子ども、犬を初めて見た子ども、お金をタダであげると書かれた看板を持って町に出たテレビ番組のスタッフ、といったユニークな例が用いられている。こうした事例を通じて、正しい判断を疎外する認識を、当初は意図的に、ゆくゆくは無意識のうちに、排除することの重要性がわかってくる。

11章後半には、「ゾーン」を身につけるための段階別実践法が示されている。読み終わると、訳者が「明鏡止水の境地」と表現した、この心理状態に近づくことができた気になるから不思議だ。(河野幸吾)

出版社/著者からの内容紹介
『規律とトレーダー』を書いたマーク・ダグラスの待望の新刊!
恐怖心ゼロ、悩みゼロで、結果は気にせず、淡々と直感的に行動し、反応し、ただその瞬間に「するだけ」の境地、つまり、「ゾーン」に達した者が勝つ投資家になる!さて、その方法とは?

究極の相場心理を伝授する!
マーケットについてよく知っている投資家はいるだろう。買い時、売り時、有望株を識別する優れた分析手法についてもよく知っている投資家 はいるだろう。

 しかし自分自身についてよく知っている投資家はどれだけいるだろうか?
たとえ非常に鋭敏な分析力があり、かなり意欲的で、幅広く奥深い知識があったと しても、決断力に乏しく失敗を恐れていては
再起不能のミスを犯してし、再起不能まう可能性 が常にあるのだ。
実際、多くの投資家がトレードやマーケットの本質について誤解と
矛盾した信念を抱いている。
そのため客観的な集中力を維持できず、的確な執行に不可欠な自信がなくなってしまい、トレードに悪戦苦闘してしまう。

そして、その結果はどうか。大半の投資家がトレードを始めてから1年
以内に、資 金の全額か、あるいは大部分を失ってしまうのだ。
マーク・ダグラスはトレーディング・ビヘイバー・ダイナミクス社の代表を務め、 金融業界の有力者や大手企業から広く尊敬を集めているトレードのコーチである。

約 20年間にわたって、多くのトレーダーたちが自信、規律、そして一貫性を習得するた めに、必要で、勝つ姿勢を教授し、育成支援してきた実績がある。

ダグラスにとって、トレードで成功を収めるカギは、網羅されたマーケット分析や 最新型の「システム」ではない。投資家自身の心理の
強化にある。そしてそのために はトレードを確率的視点から考察し
適切な中核的信念を取り入れて「勝者の心構 え」を持つ必要があると
主張する。「ゾーン」状態に達したトレーダーは、マーケッ トが次にどうなるか知る必要はないし、気にしない。

「自分」が次にどうしたよいか 知っているのだ。そこには決定的な違いがある。本書では、投資家がトレードで一貫した結果を出せない隠された理由を明らかに し、奥底に潜む心の習性がもたらす障壁を乗り越えるため、実践的なプロセスが提示 されている。

ダグラスはマーケットの神秘に挑戦し、見事にひとつつひとつそれを
明 確にした。すべての株式トレードを支配する「不確実性の原理」を
本書から理解すれ ば、ランダムな結果を大局的に見て、リスクの本当
の現実を受け入れられるようにな るだろう。
本書から、マーケットで優位性を得るために欠かせない、まったく新しい次元の心 理状態を習得できる。「
ゾーン」の力を最大限に活用し、大きく飛躍してほしい。


渋谷高雄のトップトレーダー育成プログラム
posted by ゴリ太郎 at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 株式投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ゾーン  相場心理学入門



渋谷高雄のトップトレーダー育成プログラム

商品の説明
Amazon.co.jp
トレードに成功するために不可欠な「ゾーン」といわれる心理状態に達するための方法を説いた指南書。抽象的な精神論ではなく、トレードという目的に沿った解説なので説得力がある。一貫して勝つためには、どんな投資手法を用いようとも、「ゾーン」は不可欠な心理状態である。投資をこれから始める人にも役に立つが、何回かトレードで痛い目をみたことがある人、壁にぶつかってしまったと感じているトレーダーにとってきわめて有益な1冊といえる。 
逆説的に聞こえる「マーケット分析は無意味」というような表現もあり、読み始めは、「ゾーン」にどれほど効果があるものか半信半疑になってしまう。ところが、読み進むうちに、著者のアドバイスの有用性が次第にわかってくる。「トレードに勝つことは誰にでもできる」が、「一貫して勝つためには心理状態が必要」という表現も、最初は禅問答にしか聞こえない。これも、7章「トレーダーの優位性」のあたりまで読み進むと、確率的思考法という概念とともにすんなり受け入れられるだろう。負けトレードで悪い情報を意図的に避ける、マーケットに対して期待や裏切られたといった感情を抱いてしまう凡庸なトレーダーの例には、耳が痛い人も少なからずいるはずだ。

概念の説明に用いられている事例はわかりやすくて説得力がある。たとえば、著者が力説する、認識が判断にいかに影響を与えるかというくだりでは、蛇を怖がる大人と怖がらない子ども、犬を初めて見た子ども、お金をタダであげると書かれた看板を持って町に出たテレビ番組のスタッフ、といったユニークな例が用いられている。こうした事例を通じて、正しい判断を疎外する認識を、当初は意図的に、ゆくゆくは無意識のうちに、排除することの重要性がわかってくる。

11章後半には、「ゾーン」を身につけるための段階別実践法が示されている。読み終わると、訳者が「明鏡止水の境地」と表現した、この心理状態に近づくことができた気になるから不思議だ。(河野幸吾)

出版社/著者からの内容紹介
『規律とトレーダー』を書いたマーク・ダグラスの待望の新刊!
恐怖心ゼロ、悩みゼロで、結果は気にせず、淡々と直感的に行動し、反応し、ただその瞬間に「するだけ」の境地、つまり、「ゾーン」に達した者が勝つ投資家になる!さて、その方法とは?

究極の相場心理を伝授する!
マーケットについてよく知っている投資家はいるだろう。買い時、売り時、有望株を識別する優れた分析手法についてもよく知っている投資家 はいるだろう。

 しかし自分自身についてよく知っている投資家はどれだけいるだろうか?
たとえ非常に鋭敏な分析力があり、かなり意欲的で、幅広く奥深い知識があったと しても、決断力に乏しく失敗を恐れていては
再起不能のミスを犯してし、再起不能まう可能性 が常にあるのだ。
実際、多くの投資家がトレードやマーケットの本質について誤解と
矛盾した信念を抱いている。
そのため客観的な集中力を維持できず、的確な執行に不可欠な自信がなくなってしまい、トレードに悪戦苦闘してしまう。

そして、その結果はどうか。大半の投資家がトレードを始めてから1年
以内に、資 金の全額か、あるいは大部分を失ってしまうのだ。
マーク・ダグラスはトレーディング・ビヘイバー・ダイナミクス社の代表を務め、 金融業界の有力者や大手企業から広く尊敬を集めているトレードのコーチである。

約 20年間にわたって、多くのトレーダーたちが自信、規律、そして一貫性を習得するた めに、必要で、勝つ姿勢を教授し、育成支援してきた実績がある。

ダグラスにとって、トレードで成功を収めるカギは、網羅されたマーケット分析や 最新型の「システム」ではない。投資家自身の心理の
強化にある。そしてそのために はトレードを確率的視点から考察し
適切な中核的信念を取り入れて「勝者の心構 え」を持つ必要があると
主張する。「ゾーン」状態に達したトレーダーは、マーケッ トが次にどうなるか知る必要はないし、気にしない。

「自分」が次にどうしたよいか 知っているのだ。そこには決定的な違いがある。本書では、投資家がトレードで一貫した結果を出せない隠された理由を明らかに し、奥底に潜む心の習性がもたらす障壁を乗り越えるため、実践的なプロセスが提示 されている。

ダグラスはマーケットの神秘に挑戦し、見事にひとつつひとつそれを
明 確にした。すべての株式トレードを支配する「不確実性の原理」を
本書から理解すれ ば、ランダムな結果を大局的に見て、リスクの本当
の現実を受け入れられるようにな るだろう。
本書から、マーケットで優位性を得るために欠かせない、まったく新しい次元の心 理状態を習得できる。「
ゾーン」の力を最大限に活用し、大きく飛躍してほしい。


渋谷高雄のトップトレーダー育成プログラム
posted by ゴリ太郎 at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 株式投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ゾーン  相場心理学入門



渋谷高雄のトップトレーダー育成プログラム

商品の説明
Amazon.co.jp
トレードに成功するために不可欠な「ゾーン」といわれる心理状態に達するための方法を説いた指南書。抽象的な精神論ではなく、トレードという目的に沿った解説なので説得力がある。一貫して勝つためには、どんな投資手法を用いようとも、「ゾーン」は不可欠な心理状態である。投資をこれから始める人にも役に立つが、何回かトレードで痛い目をみたことがある人、壁にぶつかってしまったと感じているトレーダーにとってきわめて有益な1冊といえる。 
逆説的に聞こえる「マーケット分析は無意味」というような表現もあり、読み始めは、「ゾーン」にどれほど効果があるものか半信半疑になってしまう。ところが、読み進むうちに、著者のアドバイスの有用性が次第にわかってくる。「トレードに勝つことは誰にでもできる」が、「一貫して勝つためには心理状態が必要」という表現も、最初は禅問答にしか聞こえない。これも、7章「トレーダーの優位性」のあたりまで読み進むと、確率的思考法という概念とともにすんなり受け入れられるだろう。負けトレードで悪い情報を意図的に避ける、マーケットに対して期待や裏切られたといった感情を抱いてしまう凡庸なトレーダーの例には、耳が痛い人も少なからずいるはずだ。

概念の説明に用いられている事例はわかりやすくて説得力がある。たとえば、著者が力説する、認識が判断にいかに影響を与えるかというくだりでは、蛇を怖がる大人と怖がらない子ども、犬を初めて見た子ども、お金をタダであげると書かれた看板を持って町に出たテレビ番組のスタッフ、といったユニークな例が用いられている。こうした事例を通じて、正しい判断を疎外する認識を、当初は意図的に、ゆくゆくは無意識のうちに、排除することの重要性がわかってくる。

11章後半には、「ゾーン」を身につけるための段階別実践法が示されている。読み終わると、訳者が「明鏡止水の境地」と表現した、この心理状態に近づくことができた気になるから不思議だ。(河野幸吾)

出版社/著者からの内容紹介
『規律とトレーダー』を書いたマーク・ダグラスの待望の新刊!
恐怖心ゼロ、悩みゼロで、結果は気にせず、淡々と直感的に行動し、反応し、ただその瞬間に「するだけ」の境地、つまり、「ゾーン」に達した者が勝つ投資家になる!さて、その方法とは?

究極の相場心理を伝授する!
マーケットについてよく知っている投資家はいるだろう。買い時、売り時、有望株を識別する優れた分析手法についてもよく知っている投資家 はいるだろう。

 しかし自分自身についてよく知っている投資家はどれだけいるだろうか?
たとえ非常に鋭敏な分析力があり、かなり意欲的で、幅広く奥深い知識があったと しても、決断力に乏しく失敗を恐れていては
再起不能のミスを犯してし、再起不能まう可能性 が常にあるのだ。
実際、多くの投資家がトレードやマーケットの本質について誤解と
矛盾した信念を抱いている。
そのため客観的な集中力を維持できず、的確な執行に不可欠な自信がなくなってしまい、トレードに悪戦苦闘してしまう。

そして、その結果はどうか。大半の投資家がトレードを始めてから1年
以内に、資 金の全額か、あるいは大部分を失ってしまうのだ。
マーク・ダグラスはトレーディング・ビヘイバー・ダイナミクス社の代表を務め、 金融業界の有力者や大手企業から広く尊敬を集めているトレードのコーチである。

約 20年間にわたって、多くのトレーダーたちが自信、規律、そして一貫性を習得するた めに、必要で、勝つ姿勢を教授し、育成支援してきた実績がある。

ダグラスにとって、トレードで成功を収めるカギは、網羅されたマーケット分析や 最新型の「システム」ではない。投資家自身の心理の
強化にある。そしてそのために はトレードを確率的視点から考察し
適切な中核的信念を取り入れて「勝者の心構 え」を持つ必要があると
主張する。「ゾーン」状態に達したトレーダーは、マーケッ トが次にどうなるか知る必要はないし、気にしない。

「自分」が次にどうしたよいか 知っているのだ。そこには決定的な違いがある。本書では、投資家がトレードで一貫した結果を出せない隠された理由を明らかに し、奥底に潜む心の習性がもたらす障壁を乗り越えるため、実践的なプロセスが提示 されている。

ダグラスはマーケットの神秘に挑戦し、見事にひとつつひとつそれを
明 確にした。すべての株式トレードを支配する「不確実性の原理」を
本書から理解すれ ば、ランダムな結果を大局的に見て、リスクの本当
の現実を受け入れられるようにな るだろう。
本書から、マーケットで優位性を得るために欠かせない、まったく新しい次元の心 理状態を習得できる。「
ゾーン」の力を最大限に活用し、大きく飛躍してほしい。


渋谷高雄のトップトレーダー育成プログラム
posted by ゴリ太郎 at 12:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 株式投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ゾーン  相場心理学入門



渋谷高雄のトップトレーダー育成プログラム

商品の説明
Amazon.co.jp
トレードに成功するために不可欠な「ゾーン」といわれる心理状態に達するための方法を説いた指南書。抽象的な精神論ではなく、トレードという目的に沿った解説なので説得力がある。一貫して勝つためには、どんな投資手法を用いようとも、「ゾーン」は不可欠な心理状態である。投資をこれから始める人にも役に立つが、何回かトレードで痛い目をみたことがある人、壁にぶつかってしまったと感じているトレーダーにとってきわめて有益な1冊といえる。 
逆説的に聞こえる「マーケット分析は無意味」というような表現もあり、読み始めは、「ゾーン」にどれほど効果があるものか半信半疑になってしまう。ところが、読み進むうちに、著者のアドバイスの有用性が次第にわかってくる。「トレードに勝つことは誰にでもできる」が、「一貫して勝つためには心理状態が必要」という表現も、最初は禅問答にしか聞こえない。これも、7章「トレーダーの優位性」のあたりまで読み進むと、確率的思考法という概念とともにすんなり受け入れられるだろう。負けトレードで悪い情報を意図的に避ける、マーケットに対して期待や裏切られたといった感情を抱いてしまう凡庸なトレーダーの例には、耳が痛い人も少なからずいるはずだ。

概念の説明に用いられている事例はわかりやすくて説得力がある。たとえば、著者が力説する、認識が判断にいかに影響を与えるかというくだりでは、蛇を怖がる大人と怖がらない子ども、犬を初めて見た子ども、お金をタダであげると書かれた看板を持って町に出たテレビ番組のスタッフ、といったユニークな例が用いられている。こうした事例を通じて、正しい判断を疎外する認識を、当初は意図的に、ゆくゆくは無意識のうちに、排除することの重要性がわかってくる。

11章後半には、「ゾーン」を身につけるための段階別実践法が示されている。読み終わると、訳者が「明鏡止水の境地」と表現した、この心理状態に近づくことができた気になるから不思議だ。(河野幸吾)

出版社/著者からの内容紹介
『規律とトレーダー』を書いたマーク・ダグラスの待望の新刊!
恐怖心ゼロ、悩みゼロで、結果は気にせず、淡々と直感的に行動し、反応し、ただその瞬間に「するだけ」の境地、つまり、「ゾーン」に達した者が勝つ投資家になる!さて、その方法とは?

究極の相場心理を伝授する!
マーケットについてよく知っている投資家はいるだろう。買い時、売り時、有望株を識別する優れた分析手法についてもよく知っている投資家 はいるだろう。

 しかし自分自身についてよく知っている投資家はどれだけいるだろうか?
たとえ非常に鋭敏な分析力があり、かなり意欲的で、幅広く奥深い知識があったと しても、決断力に乏しく失敗を恐れていては
再起不能のミスを犯してし、再起不能まう可能性 が常にあるのだ。
実際、多くの投資家がトレードやマーケットの本質について誤解と
矛盾した信念を抱いている。
そのため客観的な集中力を維持できず、的確な執行に不可欠な自信がなくなってしまい、トレードに悪戦苦闘してしまう。

そして、その結果はどうか。大半の投資家がトレードを始めてから1年
以内に、資 金の全額か、あるいは大部分を失ってしまうのだ。
マーク・ダグラスはトレーディング・ビヘイバー・ダイナミクス社の代表を務め、 金融業界の有力者や大手企業から広く尊敬を集めているトレードのコーチである。

約 20年間にわたって、多くのトレーダーたちが自信、規律、そして一貫性を習得するた めに、必要で、勝つ姿勢を教授し、育成支援してきた実績がある。

ダグラスにとって、トレードで成功を収めるカギは、網羅されたマーケット分析や 最新型の「システム」ではない。投資家自身の心理の
強化にある。そしてそのために はトレードを確率的視点から考察し
適切な中核的信念を取り入れて「勝者の心構 え」を持つ必要があると
主張する。「ゾーン」状態に達したトレーダーは、マーケッ トが次にどうなるか知る必要はないし、気にしない。

「自分」が次にどうしたよいか 知っているのだ。そこには決定的な違いがある。本書では、投資家がトレードで一貫した結果を出せない隠された理由を明らかに し、奥底に潜む心の習性がもたらす障壁を乗り越えるため、実践的なプロセスが提示 されている。

ダグラスはマーケットの神秘に挑戦し、見事にひとつつひとつそれを
明 確にした。すべての株式トレードを支配する「不確実性の原理」を
本書から理解すれ ば、ランダムな結果を大局的に見て、リスクの本当
の現実を受け入れられるようにな るだろう。
本書から、マーケットで優位性を得るために欠かせない、まったく新しい次元の心 理状態を習得できる。「
ゾーン」の力を最大限に活用し、大きく飛躍してほしい。


渋谷高雄のトップトレーダー育成プログラム
posted by ゴリ太郎 at 00:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 株式投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月09日

貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント―ノーベル賞学者とスイス人富豪に学ぶ智恵

渋谷高雄のトップトレーダー育成プログラム

出版社/著者からの内容紹介
ユダヤ人が発見し、スイス人が実行し、ノーベル賞学者が裏付けた資産運用法を教えます。
お金のことは「自己責任」で。そんな今の日本で、普通の人に紹介されている「投資の情報」は、株の「デイトレ」のような短期型「トレーディング」ばかり。
短期的「トレーディング型」運用には再現性がないのです。普通の人が、それを続ければ「クオリティ・オブ・ライフ(生活の質)」を悪化させるという致命的欠陥をも抱えているのです。
本書では、「短期的に勝ち、それを続けること」が理論的に不可能であることを解き明かしつつ、「長期に<負けない>ことを目指す「インベストメント」型の資産運用を解説します。
「2年半で11兆円稼いだ『年金資金運用基金』の運用法」「ノーベル賞学者の理論に基づく資産配分」「アインシュタインも驚いた複利の威力」「自前『株式ファンド』の作り方」など、あなたをゆっくりと、しかし確実にお金持ちにする智恵を授けます。

内容(「BOOK」データベースより)
頭をちょっとだけ使えば、お金は増えるのです。投資の教科書、決定版!アマチュアがプロに勝つ最強の武器とは?お金持ちだけがますますお金持ちになる理由って?「ノーベル賞学者の数式」を活用しましょう。スイス人富豪が年に1回だけすることとは?「何もしないこと」が勝利の秘訣ってほんと?あなたを幸せにする「お金の智恵」を授けます。

内容(「MARC」データベースより)
ノーベル賞を受賞した経済学者による理論的裏付けがあり、また、スイスの富裕層が長年にわたり資産を増やしてきたという実践面での裏付けもある「普通の市民にとっての正しい運用の方法」を紹介する、投資の教科書。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
北村 慶
慶應義塾大学卒。ペンシルベニア大学経営大学院(ウォートン・スクール)留学。大手グローバル金融機関勤務。(財)日本証券アナリスト協会検定会員、ファイナンシャル・プランナー一級技能士(国家資格)。ヨーロッパではプロジェクト・ファイナンスに、アメリカでは投資ファンドに携わる。その後、日米欧のクロスボーダーM&A業務及びコーポレート・アドバイザリー業務に従事し、現在にいたる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
posted by ゴリ太郎 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 株式投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント―ノーベル賞学者とスイス人富豪に学ぶ智恵

渋谷高雄のトップトレーダー育成プログラム

出版社/著者からの内容紹介
ユダヤ人が発見し、スイス人が実行し、ノーベル賞学者が裏付けた資産運用法を教えます。
お金のことは「自己責任」で。そんな今の日本で、普通の人に紹介されている「投資の情報」は、株の「デイトレ」のような短期型「トレーディング」ばかり。
短期的「トレーディング型」運用には再現性がないのです。普通の人が、それを続ければ「クオリティ・オブ・ライフ(生活の質)」を悪化させるという致命的欠陥をも抱えているのです。
本書では、「短期的に勝ち、それを続けること」が理論的に不可能であることを解き明かしつつ、「長期に<負けない>ことを目指す「インベストメント」型の資産運用を解説します。
「2年半で11兆円稼いだ『年金資金運用基金』の運用法」「ノーベル賞学者の理論に基づく資産配分」「アインシュタインも驚いた複利の威力」「自前『株式ファンド』の作り方」など、あなたをゆっくりと、しかし確実にお金持ちにする智恵を授けます。

内容(「BOOK」データベースより)
頭をちょっとだけ使えば、お金は増えるのです。投資の教科書、決定版!アマチュアがプロに勝つ最強の武器とは?お金持ちだけがますますお金持ちになる理由って?「ノーベル賞学者の数式」を活用しましょう。スイス人富豪が年に1回だけすることとは?「何もしないこと」が勝利の秘訣ってほんと?あなたを幸せにする「お金の智恵」を授けます。

内容(「MARC」データベースより)
ノーベル賞を受賞した経済学者による理論的裏付けがあり、また、スイスの富裕層が長年にわたり資産を増やしてきたという実践面での裏付けもある「普通の市民にとっての正しい運用の方法」を紹介する、投資の教科書。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
北村 慶
慶應義塾大学卒。ペンシルベニア大学経営大学院(ウォートン・スクール)留学。大手グローバル金融機関勤務。(財)日本証券アナリスト協会検定会員、ファイナンシャル・プランナー一級技能士(国家資格)。ヨーロッパではプロジェクト・ファイナンスに、アメリカでは投資ファンドに携わる。その後、日米欧のクロスボーダーM&A業務及びコーポレート・アドバイザリー業務に従事し、現在にいたる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
posted by ゴリ太郎 at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 株式投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月08日

貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント―ノーベル賞学者とスイス人富豪に学ぶ智恵

渋谷高雄のトップトレーダー育成プログラム

出版社/著者からの内容紹介
ユダヤ人が発見し、スイス人が実行し、ノーベル賞学者が裏付けた資産運用法を教えます。
お金のことは「自己責任」で。そんな今の日本で、普通の人に紹介されている「投資の情報」は、株の「デイトレ」のような短期型「トレーディング」ばかり。
短期的「トレーディング型」運用には再現性がないのです。普通の人が、それを続ければ「クオリティ・オブ・ライフ(生活の質)」を悪化させるという致命的欠陥をも抱えているのです。
本書では、「短期的に勝ち、それを続けること」が理論的に不可能であることを解き明かしつつ、「長期に<負けない>ことを目指す「インベストメント」型の資産運用を解説します。
「2年半で11兆円稼いだ『年金資金運用基金』の運用法」「ノーベル賞学者の理論に基づく資産配分」「アインシュタインも驚いた複利の威力」「自前『株式ファンド』の作り方」など、あなたをゆっくりと、しかし確実にお金持ちにする智恵を授けます。

内容(「BOOK」データベースより)
頭をちょっとだけ使えば、お金は増えるのです。投資の教科書、決定版!アマチュアがプロに勝つ最強の武器とは?お金持ちだけがますますお金持ちになる理由って?「ノーベル賞学者の数式」を活用しましょう。スイス人富豪が年に1回だけすることとは?「何もしないこと」が勝利の秘訣ってほんと?あなたを幸せにする「お金の智恵」を授けます。

内容(「MARC」データベースより)
ノーベル賞を受賞した経済学者による理論的裏付けがあり、また、スイスの富裕層が長年にわたり資産を増やしてきたという実践面での裏付けもある「普通の市民にとっての正しい運用の方法」を紹介する、投資の教科書。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
北村 慶
慶應義塾大学卒。ペンシルベニア大学経営大学院(ウォートン・スクール)留学。大手グローバル金融機関勤務。(財)日本証券アナリスト協会検定会員、ファイナンシャル・プランナー一級技能士(国家資格)。ヨーロッパではプロジェクト・ファイナンスに、アメリカでは投資ファンドに携わる。その後、日米欧のクロスボーダーM&A業務及びコーポレート・アドバイザリー業務に従事し、現在にいたる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
posted by ゴリ太郎 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 株式投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント―ノーベル賞学者とスイス人富豪に学ぶ智恵

渋谷高雄のトップトレーダー育成プログラム

出版社/著者からの内容紹介
ユダヤ人が発見し、スイス人が実行し、ノーベル賞学者が裏付けた資産運用法を教えます。
お金のことは「自己責任」で。そんな今の日本で、普通の人に紹介されている「投資の情報」は、株の「デイトレ」のような短期型「トレーディング」ばかり。
短期的「トレーディング型」運用には再現性がないのです。普通の人が、それを続ければ「クオリティ・オブ・ライフ(生活の質)」を悪化させるという致命的欠陥をも抱えているのです。
本書では、「短期的に勝ち、それを続けること」が理論的に不可能であることを解き明かしつつ、「長期に<負けない>ことを目指す「インベストメント」型の資産運用を解説します。
「2年半で11兆円稼いだ『年金資金運用基金』の運用法」「ノーベル賞学者の理論に基づく資産配分」「アインシュタインも驚いた複利の威力」「自前『株式ファンド』の作り方」など、あなたをゆっくりと、しかし確実にお金持ちにする智恵を授けます。

内容(「BOOK」データベースより)
頭をちょっとだけ使えば、お金は増えるのです。投資の教科書、決定版!アマチュアがプロに勝つ最強の武器とは?お金持ちだけがますますお金持ちになる理由って?「ノーベル賞学者の数式」を活用しましょう。スイス人富豪が年に1回だけすることとは?「何もしないこと」が勝利の秘訣ってほんと?あなたを幸せにする「お金の智恵」を授けます。

内容(「MARC」データベースより)
ノーベル賞を受賞した経済学者による理論的裏付けがあり、また、スイスの富裕層が長年にわたり資産を増やしてきたという実践面での裏付けもある「普通の市民にとっての正しい運用の方法」を紹介する、投資の教科書。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
北村 慶
慶應義塾大学卒。ペンシルベニア大学経営大学院(ウォートン・スクール)留学。大手グローバル金融機関勤務。(財)日本証券アナリスト協会検定会員、ファイナンシャル・プランナー一級技能士(国家資格)。ヨーロッパではプロジェクト・ファイナンスに、アメリカでは投資ファンドに携わる。その後、日米欧のクロスボーダーM&A業務及びコーポレート・アドバイザリー業務に従事し、現在にいたる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
posted by ゴリ太郎 at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 株式投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント―ノーベル賞学者とスイス人富豪に学ぶ智恵

渋谷高雄のトップトレーダー育成プログラム

出版社/著者からの内容紹介
ユダヤ人が発見し、スイス人が実行し、ノーベル賞学者が裏付けた資産運用法を教えます。
お金のことは「自己責任」で。そんな今の日本で、普通の人に紹介されている「投資の情報」は、株の「デイトレ」のような短期型「トレーディング」ばかり。
短期的「トレーディング型」運用には再現性がないのです。普通の人が、それを続ければ「クオリティ・オブ・ライフ(生活の質)」を悪化させるという致命的欠陥をも抱えているのです。
本書では、「短期的に勝ち、それを続けること」が理論的に不可能であることを解き明かしつつ、「長期に<負けない>ことを目指す「インベストメント」型の資産運用を解説します。
「2年半で11兆円稼いだ『年金資金運用基金』の運用法」「ノーベル賞学者の理論に基づく資産配分」「アインシュタインも驚いた複利の威力」「自前『株式ファンド』の作り方」など、あなたをゆっくりと、しかし確実にお金持ちにする智恵を授けます。

内容(「BOOK」データベースより)
頭をちょっとだけ使えば、お金は増えるのです。投資の教科書、決定版!アマチュアがプロに勝つ最強の武器とは?お金持ちだけがますますお金持ちになる理由って?「ノーベル賞学者の数式」を活用しましょう。スイス人富豪が年に1回だけすることとは?「何もしないこと」が勝利の秘訣ってほんと?あなたを幸せにする「お金の智恵」を授けます。

内容(「MARC」データベースより)
ノーベル賞を受賞した経済学者による理論的裏付けがあり、また、スイスの富裕層が長年にわたり資産を増やしてきたという実践面での裏付けもある「普通の市民にとっての正しい運用の方法」を紹介する、投資の教科書。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
北村 慶
慶應義塾大学卒。ペンシルベニア大学経営大学院(ウォートン・スクール)留学。大手グローバル金融機関勤務。(財)日本証券アナリスト協会検定会員、ファイナンシャル・プランナー一級技能士(国家資格)。ヨーロッパではプロジェクト・ファイナンスに、アメリカでは投資ファンドに携わる。その後、日米欧のクロスボーダーM&A業務及びコーポレート・アドバイザリー業務に従事し、現在にいたる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
posted by ゴリ太郎 at 18:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 株式投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント―ノーベル賞学者とスイス人富豪に学ぶ智恵

渋谷高雄のトップトレーダー育成プログラム

出版社/著者からの内容紹介
ユダヤ人が発見し、スイス人が実行し、ノーベル賞学者が裏付けた資産運用法を教えます。
お金のことは「自己責任」で。そんな今の日本で、普通の人に紹介されている「投資の情報」は、株の「デイトレ」のような短期型「トレーディング」ばかり。
短期的「トレーディング型」運用には再現性がないのです。普通の人が、それを続ければ「クオリティ・オブ・ライフ(生活の質)」を悪化させるという致命的欠陥をも抱えているのです。
本書では、「短期的に勝ち、それを続けること」が理論的に不可能であることを解き明かしつつ、「長期に<負けない>ことを目指す「インベストメント」型の資産運用を解説します。
「2年半で11兆円稼いだ『年金資金運用基金』の運用法」「ノーベル賞学者の理論に基づく資産配分」「アインシュタインも驚いた複利の威力」「自前『株式ファンド』の作り方」など、あなたをゆっくりと、しかし確実にお金持ちにする智恵を授けます。

内容(「BOOK」データベースより)
頭をちょっとだけ使えば、お金は増えるのです。投資の教科書、決定版!アマチュアがプロに勝つ最強の武器とは?お金持ちだけがますますお金持ちになる理由って?「ノーベル賞学者の数式」を活用しましょう。スイス人富豪が年に1回だけすることとは?「何もしないこと」が勝利の秘訣ってほんと?あなたを幸せにする「お金の智恵」を授けます。

内容(「MARC」データベースより)
ノーベル賞を受賞した経済学者による理論的裏付けがあり、また、スイスの富裕層が長年にわたり資産を増やしてきたという実践面での裏付けもある「普通の市民にとっての正しい運用の方法」を紹介する、投資の教科書。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
北村 慶
慶應義塾大学卒。ペンシルベニア大学経営大学院(ウォートン・スクール)留学。大手グローバル金融機関勤務。(財)日本証券アナリスト協会検定会員、ファイナンシャル・プランナー一級技能士(国家資格)。ヨーロッパではプロジェクト・ファイナンスに、アメリカでは投資ファンドに携わる。その後、日米欧のクロスボーダーM&A業務及びコーポレート・アドバイザリー業務に従事し、現在にいたる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
posted by ゴリ太郎 at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 株式投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント―ノーベル賞学者とスイス人富豪に学ぶ智恵

渋谷高雄のトップトレーダー育成プログラム

出版社/著者からの内容紹介
ユダヤ人が発見し、スイス人が実行し、ノーベル賞学者が裏付けた資産運用法を教えます。
お金のことは「自己責任」で。そんな今の日本で、普通の人に紹介されている「投資の情報」は、株の「デイトレ」のような短期型「トレーディング」ばかり。
短期的「トレーディング型」運用には再現性がないのです。普通の人が、それを続ければ「クオリティ・オブ・ライフ(生活の質)」を悪化させるという致命的欠陥をも抱えているのです。
本書では、「短期的に勝ち、それを続けること」が理論的に不可能であることを解き明かしつつ、「長期に<負けない>ことを目指す「インベストメント」型の資産運用を解説します。
「2年半で11兆円稼いだ『年金資金運用基金』の運用法」「ノーベル賞学者の理論に基づく資産配分」「アインシュタインも驚いた複利の威力」「自前『株式ファンド』の作り方」など、あなたをゆっくりと、しかし確実にお金持ちにする智恵を授けます。

内容(「BOOK」データベースより)
頭をちょっとだけ使えば、お金は増えるのです。投資の教科書、決定版!アマチュアがプロに勝つ最強の武器とは?お金持ちだけがますますお金持ちになる理由って?「ノーベル賞学者の数式」を活用しましょう。スイス人富豪が年に1回だけすることとは?「何もしないこと」が勝利の秘訣ってほんと?あなたを幸せにする「お金の智恵」を授けます。

内容(「MARC」データベースより)
ノーベル賞を受賞した経済学者による理論的裏付けがあり、また、スイスの富裕層が長年にわたり資産を増やしてきたという実践面での裏付けもある「普通の市民にとっての正しい運用の方法」を紹介する、投資の教科書。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
北村 慶
慶應義塾大学卒。ペンシルベニア大学経営大学院(ウォートン・スクール)留学。大手グローバル金融機関勤務。(財)日本証券アナリスト協会検定会員、ファイナンシャル・プランナー一級技能士(国家資格)。ヨーロッパではプロジェクト・ファイナンスに、アメリカでは投資ファンドに携わる。その後、日米欧のクロスボーダーM&A業務及びコーポレート・アドバイザリー業務に従事し、現在にいたる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
posted by ゴリ太郎 at 02:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 株式投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月07日

貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント―ノーベル賞学者とスイス人富豪に学ぶ智恵

渋谷高雄のトップトレーダー育成プログラム

出版社/著者からの内容紹介
ユダヤ人が発見し、スイス人が実行し、ノーベル賞学者が裏付けた資産運用法を教えます。
お金のことは「自己責任」で。そんな今の日本で、普通の人に紹介されている「投資の情報」は、株の「デイトレ」のような短期型「トレーディング」ばかり。
短期的「トレーディング型」運用には再現性がないのです。普通の人が、それを続ければ「クオリティ・オブ・ライフ(生活の質)」を悪化させるという致命的欠陥をも抱えているのです。
本書では、「短期的に勝ち、それを続けること」が理論的に不可能であることを解き明かしつつ、「長期に<負けない>ことを目指す「インベストメント」型の資産運用を解説します。
「2年半で11兆円稼いだ『年金資金運用基金』の運用法」「ノーベル賞学者の理論に基づく資産配分」「アインシュタインも驚いた複利の威力」「自前『株式ファンド』の作り方」など、あなたをゆっくりと、しかし確実にお金持ちにする智恵を授けます。

内容(「BOOK」データベースより)
頭をちょっとだけ使えば、お金は増えるのです。投資の教科書、決定版!アマチュアがプロに勝つ最強の武器とは?お金持ちだけがますますお金持ちになる理由って?「ノーベル賞学者の数式」を活用しましょう。スイス人富豪が年に1回だけすることとは?「何もしないこと」が勝利の秘訣ってほんと?あなたを幸せにする「お金の智恵」を授けます。

内容(「MARC」データベースより)
ノーベル賞を受賞した経済学者による理論的裏付けがあり、また、スイスの富裕層が長年にわたり資産を増やしてきたという実践面での裏付けもある「普通の市民にとっての正しい運用の方法」を紹介する、投資の教科書。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
北村 慶
慶應義塾大学卒。ペンシルベニア大学経営大学院(ウォートン・スクール)留学。大手グローバル金融機関勤務。(財)日本証券アナリスト協会検定会員、ファイナンシャル・プランナー一級技能士(国家資格)。ヨーロッパではプロジェクト・ファイナンスに、アメリカでは投資ファンドに携わる。その後、日米欧のクロスボーダーM&A業務及びコーポレート・アドバイザリー業務に従事し、現在にいたる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
posted by ゴリ太郎 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 株式投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。